薬師寺東塔 2「律令国家への道」まとめ2/3 – 白鳳文化
薬師寺東塔©世界の歴史まっぷ

2「律令国家への道」まとめ2/3 – 白鳳文化

日本史 > 第2章 律令国家の形成

/

律令国家への道

このページの使いかた

  • この「日本史まとめ」カテゴリのページは、単語を伏字を利用しています。●●●部分(伏字)をクリックすると単語が表示されます。再度クリックすると伏字に戻ります。
  • その他重要な単語は赤字で表示しています。
  • 濃い緑色のテキストはマウスを乗せると用語説明が表示されます。

律令国家への道

白鳳文化

1 文化の特徴

  1. 7世紀後半〜8世紀初頭、天武・持統朝を中心とする文化
  2. 初唐文化の影響を受けた清新な文化
  3. 国家的保護を受けて仏教が興隆

まんが日本史

2 仏教の急速な発展

  1. 天武天皇の命で官寺(官立寺院)を建立 筆頭の大官大寺だいかんだいじや、皇后(のちの持統天皇)の病気平癒へいゆのために建立された●●●など(官寺は私寺に対する名小)。
  2. 中央や地方の豪族も競って私寺を建立

3 白鳳文化を代表する文化財

薬師寺東塔
薬師寺東塔©世界の歴史まっぷ
興福寺仏頭
興福寺仏頭 新詳日本史―地図資料年表
薬師寺金堂薬師三尊像
薬師寺金堂薬師三尊像(国宝)新詳日本史―地図資料年表
法隆寺金堂壁画
法隆寺金堂壁画 ©Public Domain
白鳳文化
高松塚古墳壁画 Source Wikipedia
薬師寺東院堂聖観音像
薬師寺東院堂聖観音像(ニッポンの国宝100より)
  1. 建造物:●●● 各層に裳階もこしがつく三重塔、「凍れる音楽」の別称
  2. 彫刻
    • 薬師寺金堂●●●像、薬師寺東院堂●●●
    • ●●●:蘇我(倉山田)石川麻呂の霊を弔うために作られた旧山田寺の本尊の頭部(興福寺の僧兵が山田寺から奪取)
    • 法隆寺阿弥陀三尊像、法隆寺夢違観音像
  3. 絵画・工芸
    • ●●●壁画:インドのアジャンター壁画に類似、1949年火災で焼損 この焼失をきっかけに文化財保護法制定(1950)
    • ●●●壁画:1972年に奈良県明日香村で発見、高句麗の影響など
    • キトラ古墳壁画:1980年代に明日香村で発見、天井部に天文図など描く
    • ④薬師寺東塔水煙:東塔最上部にあたる相輪の一部に天女像など
  4. 文学
    • ①和歌:額田王ぬかたのおおきみ柿本人麻呂らが活躍 奈良時代の『万葉集』に作品
    • ②漢詩:大友皇子や大津皇子 らに秀作 奈良時代の『懐風藻かいふうそう』に作品

チェック

1. 白鳳文化に関して、この文化に属する仏像として正しいものを一つ選べ。

白鳳文化仏像テスト

答え ●●●

参考