密教芸術彫刻 5「平安王朝の形成」まとめ2/2 - 唐風文化と平安仏教
密教芸術彫刻©世界の歴史まっぷ

5「平安王朝の形成」まとめ2/2 – 唐風文化と平安仏教

日本史 > 第2章 律令国家の形成

/ / /

平安王朝の形成

このページの使いかた

  • この「日本史まとめ」カテゴリのページは、単語を伏字を利用しています。●●●部分(伏字)をクリックすると単語が表示されます。再度クリックすると伏字に戻ります。
  • その他重要な単語は赤字で表示しています。
  • 濃い緑色のテキストはマウスを乗せると用語説明が表示されます。

平安王朝の形成

唐風文化と平安仏教

1 平安初期の文化(平安遷都〜9世紀末頃まで)

嵯峨天皇・清和天皇時代の年号を用いて●●●と呼称

2 文化的特徴

  1. 文章経国思想 文芸を中心に国家の隆盛をめざす思想
    • ①唐風重視:嵯峨天皇、平安京の殿舎を唐風に改名、宮廷儀式を唐風化
    • ②漢詩文重視:宮廷や貴族の教養として漢文学を重視 漢文学の発展
    • ③学問:大学における教科としての紀伝道(文章道)などの重要性が増大
  2. 仏教における密教の隆盛 南部六宗などの地位は低下

3 具体的事象

  1. 漢文学
    • ①勅撰漢詩文集:嵯峨天皇の時、初の勅撰漢詩集である『●●●』 を撰集、以後『文華秀麗集』(嵯峨)、『経国集』(淳和)の3集を撰集
    • ②私的漢詩文集:空海の『●●●』や菅原道真の『●●●』など(*空海は漢詩作成にあたっての評論集『●●●』も著述
  2. 学問
    • ①唐風重視の影響 大学では儒教を学ぶ●●●、漢詩文などを学ぶ●●●を重視する傾向が顕著
    • ②大学別曹:各貴族が子弟のために設けた大学付属の寄宿施設
      • 藤原氏の●●●、和気氏の●●●、橘氏の●●●、在原氏や皇族の●●●などが有名
    • ③私的教育施設:空海が東寺の近隣に設けた●●● 庶民にも一部開放
  3. 平安仏教と密教の隆盛 南部諸宗の政治介入を嫌い、新仏教を支持
    • ① 天台宗:法華経を根本経典とする宗派(桓武天皇らが保護)
      • a ●●●が入唐し●●●寺を開山 独自の大乗戒壇創設をめざす 最澄死後に実現
      • b 南部諸宗の反対に対し最澄は『顕戒論』を著し反論
      • c 最澄の死後に急速に密教化 天台宗の密教を●●●と称す。
        • 3代●●●:延暦寺を拠点 ●●●派。著書『入唐求法巡礼行記
        • 5代●●●:園城寺(三井寺)を拠点 ●●●
    • ② ●●●:経典中心の顕教に対し、密教の呪法の伝授・習得による悟りを重視(密教)、その実践である加持祈祷により厄災を避け現世利益をめざす
      • a 空海(弘法大師)が入唐、帰国後、紀伊の高野山に●●●を開山
      • b ●●●天皇が空海に●●●(天台宗の台密に対し●●●と呼称)を下賜 京内の根本道場に発展
      • c 空海の著書
        • 三教指帰』:儒教・道鏡・仏教を比較し、仏教の優位を論説
        • 『十住心論』:人間の境地を10段階に分け、最高境地への道筋を説く
  4. 神仏習合の風潮
    • ① 奈良時代からみられた神仏習合の風潮が進展(神宮寺や神前読経など)
    • ② 神像彫刻:仏像に影響され、神社の神々を木像などに表現
    • ③ 修験道:山岳修行により呪力を体得する信仰(修行者 = 山伏)
      天台・真言宗も山中が修行道場 従来の山岳信仰と結合。奈良の大峰山、北陸の白山など各地に山岳修行の場ができる。
  5. その他:現存最古の仏教説話集である『日本霊異記』を景戒が著述

密教芸術

1 建築

山中への寺院建立で、従来の伽藍配置が崩れ、不規則な配置の変化

  • ●●●金堂・五重塔など 「女人高野」の異名(高野山と異なり女性にも開放)

2 彫刻

密教芸術彫刻
密教芸術彫刻©世界の歴史まっぷ

一本の木材から掘りあげる●●●や、衣のひだを波打つように仕上げる翻波式、密教とかかわる不動明王や如意輪観音などの仏像が増加

  1. 室生寺金堂釈迦如来像・弥勒堂釈迦如来坐像(奈良)、神護寺薬師如来像(京都)、元興寺薬師寺如来像(奈良)、法華寺十一面観音像(奈良)など
  2. 観心寺●●●像(大阪)、教王護国寺講堂不動明王像(京都)など
  3. 薬師寺●●●像・同神功皇后像(奈良) ← 神像彫刻の代表例

3 絵画

密教芸術絵画
密教芸術絵画©世界の歴史まっぷ
  1. ●●●:密教の世界観を独特の構図(金剛界・胎蔵界の2界など)で表現。神護寺や教王護国寺の両界曼荼羅など
  2. 園城寺●●●像(黄不動)、青蓮院不動明王二童子像(青不動)

4 書道

唐風(唐様)の力強い書体が流行

密教芸術書道
密教芸術書道©世界の歴史まっぷ
  1. ●●●:空海・嵯峨天皇・●●●の3人の能書家の総称
  2. ●●●:空海が最澄に送った書状、書き出しの「風信」から命名

チェック

1. 次の文を読み、[ア][イ]に入る語句を答えよ。

平安時代に入ると、有力な貴族は[ア]を設け、一族の子弟を寄宿させて、勉学の便宜をはかった。大学・国学が官吏養成機関であったのに対し、[イ]が設立した綜芸種智院では、僧侶や庶民が学んだ。

答え [ア] ●●●  [イ] ●●●

2. 伝教・慈覚(円仁)・智証(円珍)・弘法大師が活躍した時期の文化について述べた文として誤っているものを一つ選べ。

  1. 『性霊集』は、最澄の詩や書簡などを編集したものである。
  2. 絵画では、諸仏の世界を図像で描いた曼荼羅が発達した。
  3. 仏像では、翻波式の衣文などに特色をもつ一本造発達した。
  4. 空海は、嵯峨天皇や橘逸勢とともに三筆と称されている。

答え ●●●

参考