鎌倉幕府と朝廷2
鎌倉幕府職制(初期) ©世界の歴史まっぷ

鎌倉幕府と朝廷2

鎌倉幕府と朝廷2
  • バージョン 1.0
  • ダウンロード 24
  • ファイルサイズ 0.00 KB
  • ファイル数 1
  • 投稿日 2018-03-08
  • 最終更新日時 2018-04-14

鎌倉幕府と朝廷2

鎌倉幕府と朝廷2

鎌倉幕府と朝廷2
鎌倉幕府と朝廷2 鎌倉幕府職制(初期)©世界の歴史まっぷ

凡例

鎌倉幕府職制(初期)

1190年、征夷大将軍の任命を求めた源頼朝に対し、後白河法皇は認めず、権大納言・右近衛大将に任じた。

頼朝は直後に両官を辞任したが、右近衛大将就任は制度上、幕府を設立できる立場で、以後『吾妻鏡』に「前右大将家』の表現が多数みられるようになる。また、1185年、従二位叙任を期に家政機関は公文所(四位以下に認められる機関)にかわって政所(公卿=三位以上の機関)を称していたが、1191年にあらためて前右大将家政所を開設している。

翌1192年の法皇の死去にともない、後鳥羽天皇より念願の征夷大将軍に任命された。

参考

山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

Attached Files

ファイル
鎌倉幕府-2@824.png