22.十字軍と都市の発展流れ図 22.西ヨーロッパ中世世界の変容(十字軍と都市の発展)
22.十字軍と都市の発展流れ図 ©世界の歴史まっぷ

22.十字軍と都市の発展流れ図

22.十字軍と都市の発展流れ図 22.西ヨーロッパ中世世界の変容(十字軍と都市の発展)
  • バージョン 2.0
  • ダウンロード 77
  • ファイルサイズ 0.00 KB
  • ファイル数 1
  • 投稿日 2018-02-14
  • 最終更新日時 2018-04-14

22.十字軍と都市の発展流れ図

22.十字軍と都市の発展流れ図

中央集権国家の出現, 農奴解放, 地代の変化, 都市の自治権獲得, 中小領主層(騎士)の没落 , 騎士の国王の廷臣化・地主化, アレクサンドリア, コンスタンティノープル, イタリア諸都市, 南ドイツ諸都市, シャンパーニュ地方, 北ドイツ諸都市, フランドル地方, イングランド, ムスリム商人, ヴェネツィアの利害, 地中海商業圏, 内陸商業圏, 北ヨーロッパ商業圏, ワット・タイラーの乱(英)1381, ジャックリーの乱(仏)1358, 気候の寒冷化, 農業生産の停滞(14〜15C), 「14世紀の危機」, 黒死病(ペスト)の流行, 農業人口の激減, 農民の待遇改善, 領主の貨幣欲求, 生産物・, 貨幣地代へ, 賦役(労働地代), 徒弟制度, 親方, 職人, 徒弟, ギルド(商人ギルド)の成立, 大商人の市政独占, 手工業者の不満, ツンフト闘争, 皇帝・国王より特許状→自治権獲得(自治都市), 「都市の空気は自由にする」, ロンバルディア同盟, 東方貿易, 国際的定期市, 銀山, ハンザ同盟, 当初の純粋性失う, イタリア諸都市の繁栄, 十字軍運動, 典型はイギリス→広範なヨーマン(独立自営農民)層を形成, 仏王フィリップ4世, 都市市民 (大商人), 王権による統一, 官僚制の整備, 常備軍の養成, 王権の伸張, 十字軍の失敗, 十字軍の指揮権利用, 国王の権威高まる, 遠征で疲弊, 市場を統一する中央集権的な政治権力の出現を望み、王権に協力, キエフ, ノヴゴロド, ヴェネツィア・ジェノヴァ・ピサ, ミラノ・フィレンツェ(毛織物・金融業)(メディチ家), アウクスブルク(フッガー家), ハンブルク・リューベック, 毛織物生産, ガン・ブリュージュ, 木材・穀物・毛皮海産物・毛織物, コムーネ(イタリア), 帝国都市(ドイツ), 同職ギルド結成, ドイツ騎士団, 宗教騎士団, の活躍, 商圏拡大, 搾取・束縛を強化, 封建反動, 農民一揆, 傭兵制の導入, 戦術の変化, 火砲の発明, 領主の経済的困窮, 農民の地位の向上, 毛織物・銀・奴隷, 香辛料・絹織物・宝石, 市政参加, 農民の富の蓄積可能, 賦役の廃止・直営地を農民に貸与, 教皇権の衰退, 極盛期, 教皇権の降盛, 最後の拠点, アッコン陥落1291, 第7回十字軍1270, インノケンティウス3世, ラテン帝国建設1204, 占領, 第4回十字軍1202〜04, 独皇帝・仏王・英王の参加, 第3回十字軍1189〜92, エルサレム王国建設, 第1回十字軍1906〜99, ウルバヌス2世, 十字軍提唱, クレルモン宗教会議1095, 聖地エルサレムへの巡礼熱(11C頃〜), 大シスマ解消, フスの火刑, コンスタンツ公会議1414〜18, 教皇の権威失墜, 教会の腐敗, 教会改革運動, ウィクリフ(英), フス(ベーメン), 教会大分裂(大シスマ)1378〜1417, 教皇庁をアヴィニョンへ, 教皇のバビロン捕囚1309〜77, アナーニ事件1303, 教皇, フス戦争, 宗教的情熱の衰退, 権威の動揺, アイユーブ朝, サラディン, ボニファティウス8世, 商業の復活 商業ルネサンス11〜12C, 農業技術の進歩, 農業生産力の飛躍的増大, 余剰生産物の発生, 交換経済へ, 定期市の誕生, 中世都市の成立, 三圃制, 重量有輪棃, 十字軍, 国土回復運動, イベリア半島, ドイツ, 東方植民, 宗教的情熱の高揚, 西ヨーロッパ, キリスト教世界, 大開墾運動, 内部ではユダヤ人迫害, スラヴ世界, ビザンツ帝国, セルジューク朝, イスラーム世界, 荘園制の崩壊, 遠隔地貿易の発達と貨幣経済の進展, 十字軍と西欧世界の膨張

22.十字軍と都市の発展流れ図
22.十字軍と都市の発展流れ図 ©世界の歴史まっぷ

凡例

参考 流れ図で攻略詳説世界史B―New

Attached Files

ファイル
22-a4.pdf