内陸アジア世界の変遷 25.内陸アジア世界の変遷流れ図
25.内陸アジア世界の変遷流れ図 ©世界の歴史まっぷ

25.内陸アジア世界の変遷流れ図

内陸アジア世界の変遷 25.内陸アジア世界の変遷流れ図
  • バージョン 1.0
  • ダウンロード 109
  • ファイルサイズ 0.00 KB
  • ファイル数 1
  • 投稿日 2018-02-28
  • 最終更新日時 2018-04-14

25.内陸アジア世界の変遷流れ図

25.内陸アジア世界の変遷流れ図

漢に服属, 武帝、張騫を大月氏に派遣, 万里の長城修築, 東西トルキスタンの成立, 中央アジアのトルコ化, オアシス農耕地帯に定住, 中央アジアのイスラーム化, イスラーム教の伝播, 班長を西域都護に任命, 燕雲十六州, 北宋, 五代十国, 唐, 西晋, 三国時代, 後漢, 新, 前漢, 秦, 戦国時代, 春秋時代, 隋, 北斉, 北周, 東魏, 西魏, 北魏, 南朝, 東晋, 五胡十六国, 南宋, 南匈奴, 北匈奴, 西匈奴, 匈奴(トルコ系かモンゴル系), 大月氏, 月氏, 烏孫, フン人, 鮮卑(モンゴル系またはトルコ系), 拓跋氏, 突厥(トルコ系), 柔然(モンゴル系), 東突厥, 西突厥, 西遼(カラ・キタイ), 金(女真), 遼(契丹), 元, 西夏(タングート), 天山ウイグル, ホラズム・シャー朝, カラハン朝(トルコ系イスラーム王朝), アッバース朝, ウマイヤ朝, サーマーン朝(イラン系), モンゴル帝国, キルギス, ウイグル, 1276, 1127, 960, 907, 618, 589, 439, 220, 25, 前202, 前221, 前403, 630, 657, 661, (751), 1258, 916, 840, 744, 552, (583), 唐の西域経営, 突厥文字, トルコ族の発展, 北魏と対立, サマルカンド, ブハラ, ソグド人の活躍, オアシス都市, ホータン, クチャ, カシュガル, タリム盆地周辺部, 鮮卑諸部族の南下, 後漢の西域経営, 班超の活躍, 西走, 南北分裂(1C半ば), 東西分裂(前1C中頃), 圧迫, 匈奴の西域進出, 冒頓単于(在位 前209〜前174), 影響(前4C頃), 南ロシア草原地帯を支配(前6C頃), 独特な騎馬文化(武具・馬具・鳥獣模様), スキタイ文化, 騎馬遊牧民の登場(前9〜前8C), フラグの遠征, 高宗, 太宗, ウイグル人の移動, マニ教・仏教の信仰, 突厥の復興, タラス河畔の戦い, イスラームの進出, 漢の進出, 前漢の西域経営, 移動, 北辺に定着・漢化, 再活躍, 分裂, 中国, モンゴル高原, 東西トルキスタン, 中央アジアのトルコ化と, イスラーム化の進展, トルコ民族の発展, 騎馬遊牧民とオアシスの民の活躍

25.内陸アジア世界の変遷流れ図
25.内陸アジア世界の変遷流れ図 ©世界の歴史まっぷ

凡例

参考

流れ図で攻略詳説世界史B―New

Attached Files

ファイル
25-a4.pdf