産業化の基盤整備
官営事業の払下げ一覧 ©世界の歴史まっぷ

産業化の基盤整備

> >

/

Previous Post

産業化の基盤整備

1880年代後半、政府と特権的に結ぶ三井・三菱などの政商は、政府が巨額の費用を投じて建設した官営事業を安い値段で払下げを受け、商業資本から産業資本へ転化、日本資本主義の中心的な担い手に成長、財閥としての足場を築いた。

産業化の基盤整備

明治初期以来、おおむね輸入超過が続いていた貿易収支は、生糸と鉱産物の輸出増大や、松方正義のもとでの財政緊縮と不況の影響による輸入の減少によって、1882(明治15)年より輸出超過に転じた。こうした貿易の発展による刺激や、貨幣・金融制度の整備などによって、1880年代後半には産業界は不況を脱して活況を呈し、1886(明治19)〜89(明冶22)年には鉄道と紡績部門を中心に株式会社設立のブームがおこった。これが日本最初の企業勃興といえる。1890(明治23)年にはその反動として金融が逼迫ひっぱくし、恐慌がおこったが、それを契機に日本銀行が民間の普通銀行を通じて積極的に資金を供給するようになり、その後、民間の近代産業は順調に発展をみた。

また、1880年代後半には鉱山や造船所などの官営事業の民間への払下げが本格的に進められ、民間産業の発展に大きな役割を果たした。払下げを受けたのは、多くが政府と特権的に結びついていた三井・三菱などのいわゆる政商であった。彼らは政府が巨額の費用を投じて建設した官営事業を比較的安い値段で払下げを受け、商業資本から産業資本へ転化し、日本資本主義の中心的な担い手に成長して、財閥としての足場を築くにいたったのである。

官営事業の払下げ

払下年事業所官業時
投下資本
払下げ価格払下げ先のちの所属 
1874高島炭鉱39万384855万0000後藤象二郎
(のち三菱)
三菱鉱業大隈財政
1882広島紡績所5万42051万2570広島錦糸紡績会社1881
松方財政
1892
1884
(明治17年)
深川セメント製造所10万15596万1741浅野総一郎日本セメント
小坂銀山54万747627万3659久原庄三郎同和鉱業
院内銀山70万309310万8977古河市兵衛古河鉱業
1885
(明治18年)
阿仁銅山167万321133万7766古河市兵衛古河鉱業
品川硝子29万41687万9950西村勝三
磯部栄一
1892年廃止
1887
(明治20年)
新町紡績所13万898414万1000三井鐘淵紡績
長崎造船所113万094945万9000三菱三菱重工業
兵庫造船所81万613918万8029川崎正蔵川崎重工業
釜石鉄山237万66251万2600田中長兵衛新日本製鉄
1888三池炭鉱75万7060459万0439佐々木八郎三井鉱山
1889幌内炭鉱・鉄道229万150035万2318北海道炭礦鉄道北海道炭礦汽船
1893富岡製糸場31万000012万1460三井片倉工業
1896
(明治29)
佐渡金山141万9244173万0000三菱三菱金属工業
生野銀山176万0866
参考:山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠