ユダ王国 ヘブライ人とユダヤ教 フェニキア イスラエル王国 紀元前10世紀から紀元前8世紀 フェニキア人とヘブライ人の地図 フェニキア人とヘブライ王国地図
フェニキア人とヘブライ王国地図 ©世界の歴史まっぷ

ヘブライ人とユダヤ教 紀元前1280年頃、ヘブライ人はオリエントで初めて一神教信仰であるユダヤ教を成立。旧約聖書を経典とする。 ユダ族を中心とする人々はバビロン捕囚中も帰国後も、民族的伝統を失わなかった。ここからその後のヘブライ人を「ユダヤ人」宗教を「ユダヤ教」と呼ぶ習わしがおこった。

ヘブライ人とユダヤ教

ヘブライ人とユダヤ教
オリエントと地中海世界 ©世界の歴史まっぷ

起源

ヘブライ人とユダヤ教 アラム人とフェニキア人 フェニキア
紀元前1200年頃の地中海世界(民族移動)©世界の歴史まっぷ
ヘブライ人の祖先は、もとはユーフラテス川の上流域あたりで遊牧生活を送っていたようである。紀元前2千年紀の前半に現在のパレスチナ地方に移動したが、一部はおそらくヒクソスとともにエジプトに入ったと考えられる。しかしやがてヒクソス撃退後の新王国の圧政に耐えかね、紀元前13世紀にモーセに率いられてこの地を脱出し(「出エジプト」)、苦難の末にパレスチナのかつての同胞と合流した。当時のヘブライ人はまだ遊牧民的気風を保持し、政治的には12支族のゆるやかな連合体を形成していた。非常時に「士師しし」と呼ばれるカリスマ的な指導者に従うことはあっても、「王」のような恒常的な支配者をいただくことは嫌った。しかし、周辺の諸民族、ことに海岸平野に定着した「海の民」の一派のペリシテ人との抗争が激化すると、強力な統率者を待望する気運が高まり、紀元前11世紀の末についに王政に移行した(これをヘブライ王国と呼ぶこともあるが、「ヘブライ人」とはもともと外国人による呼び名で、彼ら自身は現在にいたるまで「イスラエル人」と称している。)。
ペリシテ人:パレスチナという地名は彼らの名に由来する。ヘブライ人は彼らから製鉄技術を学んだ。

建国

第2代目の王ダヴィデは、ペリシテ人を破ってパレスチナ全土を掌握し、エルサレムを首都とする統一王国の基礎を固めた。その息子ソロモンの時代が最盛期で、フェニキアのティルスの王と手を結んで、海外との貿易を積極的におこなった。だがその反面、神殿や宮殿を造影するための大土木工事や、常備軍を維持するために課された重税で、国民は疲弊した。そして王の死後、王国は北のイスラエルと南のユダの2王国に分裂していよいよ弱体化し、周辺の強国の間で苦しんだ。このころ何人かの預言者が現れて、苦難の原因は人々の堕落と社会悪にあると説き、神への正しい信仰をとりもどして民族が結束するよう求めたが、その甲斐もなく、イスラエルは紀元前722年にアッシリアのサルゴン2世に、またユダは紀元前586年に新バビロニアのネブカドネザル2世に征服されて、いずれの場合も住民の多くが強制居住させられた。とくに後者によるバビロニアへの連行は、「バビロンの捕囚」として長く後世に記憶されることになる。紀元前538年にアケメネス朝のキュロス2世がバビロニアを占領したとき、ユダヤ人は帰国を許されたが、彼らはその後も長い間、異民族の支配のもとで辛酸をなめねばならなかった。
フェニキア人とヘブライ王国地図
フェニキア人とヘブライ王国地図 ©世界の歴史まっぷ

宗教

ヘブライ人は、古代オリエントで一神教を信じた唯一の民族といえるが、彼らがヤハウェを唯一最高の神として認め、これと契約関係に入ったのは、出エジプト後パレスチナに入るまでの苦難の中においてであった。王国時代には周辺民族の多神教の影響をうけて、預言者たちに厳しく批判されたが、亡国とバビロン捕囚という民族的苦境のなかで、かえってヤハウェへの信仰は強まり、やがて神と契約しているユダヤ人だけが救済されるという排他的な選民思想や、この救済を実現する救世主メシア)の到来を待望する信仰が生まれた。『旧約聖書』の編纂が始まったのもこのころからである。ユダヤ人は捕囚から開放されて帰国すると、エルサレムにヤハウェの神殿を再建し、儀式や祭祀の規則を定めてユダヤ教を確立した。そこで説かれた最後の晩餐や、天使・悪魔の思想にはペルシアのゾロアスター教の影響が指摘される。のちにユダヤ教が、信仰や日常生活の規則である法律を極端に重んじるようになると、イエスが現れて、形式化した信仰に新しい生命を吹き込むとともに、救済をユダヤ人に限らず全人類に及ぼす道を開いた。なお、ヘブライ人が書き残した神話・伝承・預言者の言葉、神への讃歌などをまとめたユダヤ教の経典は『旧約聖書』として、イエスの教えや弟子たちの行伝・手紙などをまとめた『新約聖書』とならんでキリスト教の経典となり、のちにヨーロッパ文化の基調のひとつ(ヘブライズム)を形成することになる。またイスラーム教でも、前者は経典と認められている。ちなみに「旧約」とは「神との古い契約」の意味で、「神との新しい契約」としてのキリスト教に対照させて、パウロがこう呼んだのに由来している(『新約聖書』の「コリント人への第2の手紙」第3章にこれらの言葉がある)。

イスラエル王国とユダ王国

ダビデがユダ族出身であったため、イスラエル王国ではこの支族がもっとも勢力をもった。これに反感を抱く他の支族が結束して樹立したのが北イスラエル王国で、首都のサマリアにちなんで「サマリア王国」と呼ばれることもある。 ユダ王国は、エルサレムを首都にユダ族が中心となって形成した王国で、ダビデ王家がひきつづき君臨した。 アッシリアは多くのイスラエル人を北シリアやアッシリア本国へ強制移住させたあとに、よその住民をイスラエルに移した。新移住者は残っていたヘブライ人とやがて混血し、本来のヘブライ人とは異質の宗教・文化をもつサマリア人と呼ばれる民族になった。それに対しユダ族を中心とする人々は、バビロン捕囚中も帰国後も、民族的伝統を失わなかった。ここからその後のヘブライ人を「ユダヤ人」、宗教を「ユダヤ教」と呼ぶ習わしがおこった。