1. 文化の始まり 縄文時代の道具
縄文時代の道具©世界の歴史まっぷ

1.「文化の始まり」まとめ

日本史 > 第1章 日本文化のあけぼの

文化の始まり

このページの使いかた

  • この「日本史まとめ」カテゴリのページは、単語を伏字を利用しています。●●●部分(伏字)をクリックすると単語が表示されます。再度クリックすると伏字に戻ります。
  • その他重要な単語は赤字で表示しています。
  • 濃い緑色のテキストはマウスを乗せると用語説明が表示されます。

文化の始まり

日本列島と日本人

1 日本列島の形成

  1. 地質学の●●●にあたる氷河時代の氷期には、日本列島は数度大陸と陸続き ナウマンゾウなどの大型動物を追い、人類が日本列島に渡来と推測
  2. 最後の氷期が過ぎ、地質学の●●●に入る約1万年余り前から海面上昇 大陸と分離し、ほぼ現在の日本列島の原型を形成
日本列島と旧石器時代の遺跡分布 日本列島と旧石器時代の遺跡分布地図
日本列島と旧石器時代の遺跡分布地図 ©世界の歴史まっぷ

日本列島と旧石器時代の遺跡地図 | 歴史まっぷDL

2 旧石器時代の化石人骨

  1. 静岡県の浜北人、●●●県の港川人山下町洞人など 日本列島で発見された更新世の化石人骨は猿人 原人 旧人 新人のうち、すべて●●●段階
  2. 日本人の原型 アジア大陸の人々の子孫 縄文人 弥生時代以降の渡来人との混血。言語もアジア北方のアルタイ語系に属するが、南方系要素も混在
旧石器時代人の生活 旧石器時代人の生活 更新世の日本 旧石器文化遺跡の分布地図
旧石器時代人の生活 旧石器時代人の生活 更新世の日本 旧石器文化遺跡の分布地図©世界の歴史まっぷ

旧石器文化遺跡の分布地図 | 世界の歴史まっぷDL

旧石器時代人の生活

1 旧石器時代に相当する文化の発見

  1. 1946年、相沢忠洋あいざわただひろが群馬県の●●●で、●●●(更新世の地層)から打製石器を発見
  2. 長野県の野尻湖、北海道の白滝などでも発見があいつぐ

2 打製石器の使用

  1. 打製石斧せきふ(握斧、握つち、ハンドアックス)
  2. ナイフ型石器(石刃、ブレイド)
  3. 尖頭器せんとうき(ポイント) 石槍
  4. 末期には●●●(マイクロリス)出現

木と組み合わせて使う石器

握斧や握槌を木に取りつけて石斧に、ナイフ形石器や尖頭器は棒の先端につけて石槍にするなどして使用。また細石器は細石刃を木や骨に組み合わせたもの。

石器の変遷とローム層
石器の変遷とローム層©世界の歴史まっぷ
さまざまな旧石器とその使用法
さまざまな旧石器とその使用法(詳説日本史図録より)

縄文文化の成立

1 自然環境の変化

約1万年余り前、氷期が終了し、気候が温暖化 更新世から●●●

  • 植生の変化 東日本落葉広葉樹林、西日本照葉樹林へ木の実の収穫
  • 大型動物が絶滅 動きの速いシカやイノシシなど小動物が狩猟の対象
縄文文化の三大特徴
  1. 主に食物を煮る土器の出現
  2. 打製石器に加え●●●の出現
  3. 俊敏な中・小動物を捕らえる●●●の出現

2 縄文土器(草創期の土器は世界で最も古い土器の一つ)

草創期 早期 前期 中期 後期 晩期
丸底で不安定 尖底を土にさして使用 平底で安定 炎をかたどった装飾 多種多様の器形 芸術的
紀元前1万1000年 紀元前7000〜 紀元前4000〜 紀元前3000〜 紀元前2000〜 紀元前1000〜
神奈川上野遺跡 尖底土器 平底深鉢土器 火焔土器 注口土器 亀ヶ岡式土器
丸底深鉢土器 尖底深鉢土器 平底深鉢土器 火焔土器 注口土器 亀ヶ岡式土器
  1. 縄文時代を土器変化で区分(草創期早期前期中期後期晩期)
  2. 特徴:低温で焼かれた厚手で黒褐色の土器
  3. 文様:草創期の無文・爪形文などから、早期以降に縄目の文様が増加。中期には火炎土器が、晩期には東北で精巧な亀ヶ岡かめがおか式土器がみられる
    年代測定には、年輪年代法炭素14年代法

縄文人の生活と信仰

縄文時代の道具
縄文時代の道具©世界の歴史まっぷ

1 植物性食料の採取 保護、増殖、栽培へ

  1. マメ類や、一部でコメ・ムギなどの栽培の可能性
  2. 農耕・食料加工用の打製石器や●●●出現(打製石器との併用) 石鍬いしぐわ、石皿、すり石など
  3. 縄文晩期には水稲農耕開始 佐賀県●●●遺跡や福岡県●●●遺跡などで水田跡発見

2 狩猟・漁労により動物性食料の確保

  1. 狩猟:●●●でニホンシカ・イノシシなどを捕獲(弓矢の先に石鏃せきぞく、動物の皮なめしに石匙せきひなどの石器を使用)
  2. 漁労:釣針やもりを動物の骨などでつくった●●●石錐せきすい(網のおもり)や丸木舟など

3 住居・集落、交易、習俗

  1. 食料多様化で定住生活を開始
    ①中央に炉を設けた竪穴住居数件が広場を中心に馬蹄形の集落を形成
    ②一部で青森県●●●遺跡のような大規模で長期定住の集落も出現
    ③集落周辺に貝塚:1877年、アメリカ人●●●が東京の●●●貝塚を発見 日本近代考古学の出発
  2. 交易
    ①石器原料の●●● 和田峠(長野)・白滝(北海道)
    石器原料のサヌカイト 二上山(奈良)など
    ②装身具などに使うひすい(硬玉こうぎょく 姫川(新潟)
  3. 習俗
    ●●●:あらゆる自然物・自然現象に霊威の存在、崇拝の対象
    ②呪術的風習:豊饒ほうじょうを祈り主に女性をかたどった●●●
    男性生殖器を表す石棒
    死者の埋葬に手足を折り曲げる屈葬
    ③通過儀礼:抜歯に加え、歯を削る叉状さじょう研歯など
縄文人の信仰
縄文人の信仰©世界の歴史まっぷ

縄文の社会

縄文時代は統率者はいても貧富の差がなかったと考えられている。その理由として、竪穴住居の規模に著しい差が見られず、●●●に埋葬されている点や、副葬品に富の格差が見受けられない点などが挙げられる。

土偶の役割

土偶は、出現した当初から乳房や腰など、女性の身体的特徴を誇張して表現されたものが多い。また、妊娠した姿や子供を抱いているものもある。このことから、縄文人は女性の持つ生殖力を神秘と感じ、その力が大地に生える食物やそこに生きる生物、すなわち食料の豊穣をもたらすことを土偶に願ったものと考えられている。しかし、顔を表現しない土偶も多くあり、土偶は性を超越した精霊の姿とする説もある。また、大部分の土偶が壊された状態で出土し、はじめから壊されることを想定してつくられたとみられるものもあることから、人々が土偶を故意に傷つけることで、病気や災害を土偶に転嫁しようとしたという説もある。

参考 山川 詳説日本史図録

参考