三十三間堂関連年表
三十三間堂関連年表

三十三間堂関連年表

年表

三十三間堂関連年表 1160年 後白河法皇が東山に新熊野社と新日吉社を勧請し、比叡山の妙法院昌雲が別当となる(妙法院の始まり)。

三十三間堂関連年表

三十三間堂関連年表

 
1160 後白河法皇が東山に新熊野社と新日吉社を勧請し、比叡山の妙法院昌雲が別当となる(妙法院の始まり)
1161後白河法皇、勧請した熊野、日吉両社を鎮守として東山に法住寺殿を造営
1164後白河法皇の勅願で、平清盛が私費を投じ、法住寺殿に蓮華王院(三十三間堂)を建立
1173運慶の長男として湛慶誕生
1192後白河法皇没。三十三間堂東の法華堂に埋葬される
1192源頼朝が征夷大将軍となる
1203運慶・快慶ら、東大寺南大門の金剛力士立像を造立
1249「建長の大火」により、三十三間堂をはじめ蓮華王院諸堂がほぼ焼失
1251三十三間堂の再興が始まり、造像も開始される
1254湛慶、三十三間堂の中尊千手観音像を完成
1256湛慶が没する
1266三十三間堂と仏像が復興され落慶供養を営む