家法と分国法表
家法と分国法表 ©世界の歴史まっぷ

家法と分国法表

年表

家法と分国法表 戦国時代に戦国大名が領国内を統治するために制定した基本的な法を分国法・家法などという。家法とは家長が子弟や一族に与えた家訓で、分国法とは、家訓から発展して領国統治のための法となったものを指す。

家法と分国法表

家法と分国法

*印は家法
大名国名法令名制定年
伊達氏陸奥塵芥集1536
結城氏下総結城氏新法度1556
*北条氏伊豆早雲寺殿十一箇条16世紀初
今川氏駿河今川仮名目録
今川仮名目録追加
1526
1553
武田氏甲斐甲州法度之次第
(信玄家法)
1547
*朝倉氏越前朝倉孝景条々
(朝倉敏景十七箇条)
1471〜81
六角氏近江六角氏式目
(義治式目)
1567
大内氏周防大内氏掟書
(大内氏壁書)
1495ころ
三好氏阿波新加制式1562〜73
長宗我部氏土佐長宗我部氏掟書
(長宗我部元親百筒条)
1596
相良氏服後相良氏法度1493〜1555