国学
国学 ©世界の歴史まっぷ

国学の発達

> >

/

Previous Post

Next Post

国学の発達

元禄期に始まった『万葉集』などの古典研究は、18世紀後半になると、『古事記』や『日本書紀』などの歴史書の研究へと進み、それらの古典のなかに日本古来の精神、古道を明らかにしようとする国学に発展した。

国学の発達

化政文化 国学

荷田春満
(1669-1736)
古典・国史を研究。国学の学校建設を将軍吉宗に建言。『創学校啓』
賀茂真淵
(1697-1769)
『万葉集』『古事記』を研究し、古道を説く。
『国意考』(儒仏の影響をうけない純粋な日本固有の道で、復古思想を主張)
『万葉考』(『万葉集』の注釈書)
本居宣長
(1730-1801)
「もののあわれ」を提唱。国学の基礎を固める。
『古事記伝』(日本古来の「真心」の精神に返ることを主張)
『玉勝間』(宣長の随想集)』
塙保己一
(1746-1821)
和漢の学に通じ、和学講談所を創立。
『群書類従』(古代から江戸初期までの国書の叢書)
平田篤胤
(1776-1843)
復古神道を説く。農村有力者にも信奉され、尊王攘夷論に影響。
『古史成文』『古史徴』『古史伝』
参考:山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

元禄期に始まった『万葉集』などの古典研究は、18世紀後半になると、『古事記』や『日本書紀』などの歴史書の研究へと進み、それらの古典のなかに日本古来の精神、古道を明らかにしようとする国学に発展した。契沖けいちゅうに学んだ荷田春満かだのあずままろ(1669-1736)は、『創学校啓』を書いて国学の学校建設を説き、その門人賀茂真淵かものまぶち(1697-1769)は、儒教・仏教などの外来思想の影響を受けない日本古代の思想、古道を追究し、『国意考』『万葉考』を著した。この国学を学問的・思想的に大成したのが伊勢松坂の本居宣長もとおりのりなが(1730-1801)である。宣長は『源氏物語』を研究して「もののあわれ」を主張し、『古事記』の精密な研究により古道を説き、外来思想を排除して日本古来の精神に返ることを主張した。宣長の影響を受けた平田篤胤ひらたあつたね(1776-1843)は激しく儒教・仏教を排斥して日本古来の純粋な信仰を尊ぶ復古神道を大成し、農村の有力者に広く受け入れられて、幕末尊王攘夷運動に影響を与えた。

国学は、日本の古典の研究に道を開き、盲目の学者塙保己一はなわほきいち(1746-1821)は、幕府の援助を受けて和学講談所を創立し、古典を収集・分類した『群書類従』を刊行して、歴史学・国文学研究に大きく貢献した。また、伴信友ばんのぶとも(1773-1846)も古典の考証に寄与した。

広告
広告