政治・社会思想の発達 経世論
化政文化 学問・思想の動き

政治・社会思想の発達

> >

/

Previous Post

Next Post

政治・社会思想の発達

幕藩体制の行き詰まりと社会の変化は、思想の面にも大きな影響を与えた。朱子学を批判する諸学派の登場や国学·洋学など新たな学問の発展は、その現れであるが、18世紀半ば以降には幕藩体制を批判する思想、あるいは改良を説く経世論、対外的危機への対応を論じる海防論などがでてきた。

政治・社会思想の発達

化政文化 学問・思想の動き

経世論〈化政期、封建制の維持または改良を説く経世論〉
海保青陵かいほせいりょう
(1755-1817)
藩営専売制の採用など重商主義を説き、他藩より利をとる方策を主張。『稽古談けいこだん』(流通経済の仕組みなどを平易に説明)
本多利明ほんだとしあき
(1743-1820)
開国による重商主義的国営貿易を主張。『西域物語』『経世秘策』(ともに開国交易を提案)
佐藤信淵さとうのぶひろ
(1769-1850)
諸国を遊歴し、著述につとめる。『経済要録』(産業振興・国家専売・貿易の展開を主張)『農政本論』
後期水戸学水戸藩の『大日本史』編纂事業(1657〜1906)を中心に興った学派
9代藩主徳川斉昭とくがわなりあきを中心に、藤田幽谷・東湖父子、会沢安らの尊王斥覇理論から攘夷論を展開。藤田東湖『弘道館記述義』会沢安『新論』→ 影響:尊王論と攘夷論とを結びつけ、尊王攘夷論(尊王:将軍は天皇を王者として尊ぶ。攘夷:諸外国を打払う。)を説き、幕末の思想に影響
藤田幽谷ふじたゆうこく
(1774-1826)
彰考館総裁として、『大日本史』編纂にあたる
藤田東湖ふじたとうこ
(1806-55)
幽谷の子。藩主徳川斉昭とくがわなりあきの側用人として藩政改革にあたり、弘道館を設立。『弘道館記述義こうどうかんきじゅつぎ
会沢安あいざわやすし
(1782-1863)
藤田幽谷ふじたゆうこくに師事し、彰考館総裁として、徳川斉昭の藩政改革に尽力。『新論しんろん』で尊王攘夷論を唱えた。
尊王論頼山陽らいさんよう
(1780-1832)
安芸の人。『日本政記』『日本外史』を著し、勤王思想を主張。源平から徳川氏にいたる武家盛衰を記述
国学平田篤胤ひらたあつたね
(1776-1843)
大政委任論の立場に立つ尊王論で、幕府を否定していない。篤胤の大成した「復古神道」は、儒仏に影響されない純粋な古道を明らかにし、幕末の尊王攘夷論に影響を与えた。『古道大意』『古史伝』(国学書)
参考:山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

幕藩体制の行き詰まりと社会の変化は、思想の面にも大きな影響を与えた。朱子学を批判する諸学派の登場や国学·洋学など新たな学問の発展は、その現れであるが、18世紀半ば以降には幕藩体制を批判する思想、あるいは改良を説く経世論、対外的危機への対応を論じる海防論などがでてきた。とくに八戸はちのへの医者安藤昌益あんどうしょうえき(1707?-62)は、『自然真営道しぜんしんえいどう』を著して、万人が自ら耕作して生活する自然の世(「自然世しぜんよ」)を理想とし、武士が支配して百姓から年貢を収奪する社会や身分社会(「法世ほうよ」)を否定し、封建制を根底から批判した。

都市や農村の実状に通じている人々のなかで、幕藩領主に現状の問題点を警告し、体制の改良または補強のための具体策を論じる経世思想が活発になった。海保青陵かいほせいりょう(1755-1817)は『稽古談けいこだん』を著し、藩財政の立て直しには消極的な倹約政策ではなく、発展してきた商品経済に対応した藩営専売などを積極的に行うべきであると主張し、本多利明ほんだとしあき(1743-1820)は、『西域物語』『経世秘策』などで、蝦夷地の開発と西洋諸国との交易による富国策を論じ、佐藤信淵さとうのぶひろ(1769-1850)は、『農政本論』『経済要録』などを書き、産業の振興、流通の国家的統制、海外への進出などを説いた。

18世紀半ば以降には、尊王論が主張されるようになった。水戸藩の『大日本史』の編纂事業を中心におこった初期の水戸学は、朱子学を軸に国学や神道を総合し、天皇尊崇てんのうそんすうと封建的秩序を説いた。徳をもって治める王者としての天皇を尊ぶべきだという朱子学的な名分論から尊王論を主張したが、それはあくまでも名分論にすぎなかった。

後期の水戸学では、藤田幽谷ふじたゆうこく(1774-1826)は、尊王が幕府の権威を維持するために重要であると説き、幽谷に学んだ会沢安あいざわやすし(1782-1863)は『新論しんろん』で、対外的危機に対応して国家の独立を維持するために、天皇を中心とする政治·宗教体制を構想し、幽谷の子で『弘道館記述義こうどうかんきじゅつぎ』を密いた藤田東湖ふじたとうこ(1806-55)や徳川斉昭とくがわなりあきらも尊王攘夷運動に強い影響を与えた。

また、垂加神道すいかしんとうを学んだ竹内式部たけのうちしきぶ(1712-67)は、京都で若い公家たちに『日本書紀』などを講義し、尊王論を説いて追放刑となり(宝暦事件)、さらに兵法家の山県大弐やまがただいに(1725-67)は、『柳子新論りゅうししんろん』を著し、朝廷が政権を担当すべきであるという尊王論を説き、幕府の腐敗を批判して死罪に処せられた(明和事件)。

このほか、尊王思想を説いて全国をまわり、筑後久留米で悲憤のあまり自殺した高山彦九郎たかやまひこくろう(1747-93)、天皇陵の荒廃を嘆いて各地を調査した蒲生君平がもうくんぺい(1768-1813)、『日本外史』などの著作で尊王思想を説いた頼山陽らいさんよう(1780-1832)らが現れた。

古典の研究、復古思想の立場から尊王論を唱えた国学者の本居宣長は、将軍は天皇の委任(「御任みよさし」)により政権を担当しているのだから、将軍の政治にしたがうことが天皇を尊ぶことになると説き、幕府政治を否定する考えはなかった。しかし、平田篤胤ひらたあつたね復古神道は、各地の豪農・神職たちに受け入れられ、幕末の尊王攘夷運動に影響を与えた。