1「摂関政治」まとめ - 藤原氏北家の発展・摂関政治・国際関係の変化 摂関政治(摂関家) 藤原氏北家の発展
藤原氏系図 ©世界の歴史まっぷ

1「摂関政治」まとめ - 藤原氏北家の発展・摂関政治・国際関係の変化

日本史 > 第3章 貴族政治と国風文化

摂関政治

このページの使い方

  • この「日本史まとめ」カテゴリのページは、単語を伏字を利用しています。●●●部分(伏字)をクリックすると単語が表示されます。再度クリックすると伏字に戻ります。
  • その他重要な単語は赤字で表示しています。

摂関政治

藤原氏北家の発展

1 藤原北家の台頭

  1. 薬子の変(=平城太上天皇の変[810]で藤原●●●が没落
  2. 同事件の直前、●●●天皇は北家の藤原冬嗣を初代蔵人頭に任命し、北家台頭のきっかけとなる。

2 藤原北家と摂関政治

藤原氏北家と摂関政治

藤原氏年代事件の経過・影響天皇
冬嗣810冬嗣、初代苦労度かしらに就任
平城太上天皇(薬子)の変
嵯峨天皇
[a]842[b]の変: 皇太子派の伴健岑・橘逸勢ら失脚
(略)
858幼少の[c]天皇即位 → 良房、臣下初の実質上の摂政に就任清和天皇
[d][e]の変: 大納言[f]が左大臣源信の失脚をはかり放火 → 伴健岑ら流罪
同年、良房、正式に摂政に就任
872基経(良房の養子)、摂政に就任(略)
[g]884基経の尽力で光孝天皇即位、基経は事実上の[h]に就任光孝天皇
887〜[i]: [j]天皇の詔勅をめぐり紛議
翌年、詔勅撤回 → 基経に再び関白就任の詔
宇多天皇
[k]901宇多天皇、基経死後、摂関置かず親政(寛平の治)
宇多天皇、[L]登用 → 遣唐使中止の建議(894)
右大臣[m]を太宰府に左遷
醍醐天皇の親政: [o]
[n]
忠平天慶の乱(939〜941): 平将門らが反乱(略)
[p][r]村上天皇の親政: [q]
[s]の変: [t]の密告により左大臣[u]失脚 → 以後、摂関常置
村上天皇
(略)

a: ●●● b: ●●● c: ●●● d: ●●● e: ●●● f: ●●● g: ●●● h: ●●● i: ●●● j: ●●● k: ●●● l: ●●● m: ●●● n: ●●● o: ●●● p: ●●● q: ●●● r: ●●● s: ●●● t: ●●● u: ●●●

3 天皇親政

摂政・関白をおかず、天皇による親政

  1. 延喜の治●●●天皇の親政
    • ① 班田を実施(902) 以後、班田を命じる史料は見られなくなる
    • 延喜の荘園整理令を発令(902) 初の整理令、例外多く不徹底
    • ●●●を編纂
    • ④ 最後の六国史『●●●』を編纂
    • ⑤ 最初の勅撰和歌集『古今和歌集』を撰集
    • 三善清行が醍醐天皇に「意見封事十二箇条」を上奏
  2. 天暦の治●●●天皇の親政
    • ① 本朝(皇朝)十二銭の最後にあたる●●●を発行(958)
    • ② 延喜式の施行(●●●天皇の死去直後)
広告