国文学の発達 2「国風文化」まとめ1/2 - 国文学の発達・浄土の信仰
かぐや姫を籠に入れて育てる翁夫妻。(17世紀末(江戸時代後期)/メトロポリタン美術館蔵)©Public Domain

2「国風文化」まとめ1/2 – 国文学の発達・浄土の信仰

日本史 > 第3章 貴族政治と国風文化

/ / / / / / / / / / / /

国風文化

このページの使いかた

  • この「日本史まとめ」カテゴリのページは、単語を伏字を利用しています。●●●部分(伏字)をクリックすると単語が表示されます。再度クリックすると伏字に戻ります。
  • その他重要な単語は赤字で表示しています。
  • 濃い緑色のテキストはマウスを乗せると用語説明が表示されます。

国風文化

国文学の発達

1 国風文化

大陸文化の吸収 日本の風土に適合・変化 国風化、洗練された貴族文化が誕生

2 かな文字の発達

  • 万葉がなの草書体を簡略化 平がな *
  • 漢字の一部を取って表記 片かな *
  • 公式の場では漢字のみ、日常ではかなが広く普及

* 国文学の発展・女性の活躍

3 和歌

  1. ●●●』:初の勅撰和歌集、醍醐天皇の命で●●●らが撰集、以後、鎌倉時代の『新古今和歌集』までの8つの勅撰和歌集を●●●と称す
  2. 六歌仙:小野小町、在原業平ら9世紀後半に活躍した6人の歌人

4 物語

  1. 『竹取物語』:物語の祖、主人公かぐや姫、9世紀末ころ成立
  2. ●●●』:在原業平を主人公とする和歌中心の歌物語
  3. 『源氏物語』:中宮の●●●(藤原道長の娘)に仕えた紫式部の作、平安文学の傑作

5 日記

  1. ●●●』:最初のかな日記、紀貫之が女性に仮託して記した日記風紀行文
  2. ●●●』:法成寺を建立した藤原道長の日記(現存最古の自筆日記)
  3. ●●●』:藤原道綱母、夫兼家との結婚生活など自伝的物語
  4. ●●●』:菅原孝標のむすめ、少女期から老境までの生涯を回想
  5. 『枕草子』:皇后定子に仕えた●●●の洗練された随筆

浄土の信仰

1 国風期の宗教的概観

  1. 天台宗・真言宗の二大勢力 ← 加持祈祷による厳正利益を求める貴族の支持
  2. 神仏習合のさらなる進展
    • ●●●:日本の神は仏教の仏が仮に姿を変えてこの世に現れたもの(権現)都する思想(説) 例:大日如来の化身 天照大神
  3. ●●●:怨霊や疫神を慰めることで厄災から逃れようとする鎮魂の法会や祭礼 菅原道真を祀る京都の●●●、祇園社の祭りなど

2 浄土教の流行

現生を穢土とし、阿弥陀仏を念じる(念仏)ことで来世における極楽浄土への往生を願う教え

  1. 背景
    • ① 天台宗・真言宗などの形骸化
    • ② ●●●:釈迦入滅後、正法・像法の時代を経て入滅後2000年以降、釈迦の教えがすたれ世が乱れるとする思想。 永承7年 ●●●年が末法初年に該当
  2. 主な動き
    • ① ●●●:10世紀半ば、京都の市で念仏をとなえ、「市聖いちのひじり」と称される
    • ② ●●● 恵心僧都えしんそうず):念仏による極楽往生の方法を『●●●』に著述
    • ③ 往生伝:念仏により極楽往生を遂げたとされる人々の伝記を集めたもの●●●の『日本往生極楽紀』などが代表作
    • ④ 経塚:法華経などの経典を経筒に入れ埋納 金峯山経塚きんぷせんきょうづか藤原道長)など

参考