5~6世紀の渡来人表 大陸文化の受容 3「古墳とヤマト政権」まとめ1/2
5~6世紀の渡来人表©世界の歴史まっぷ

3「古墳とヤマト政権」まとめ1/2

日本史 > 第1章 日本文化のあけぼの

古墳とヤマト政権

このページの使いかた

  • この「日本史まとめ」カテゴリのページは、単語を伏字を利用しています。●●●部分(伏字)をクリックすると単語が表示されます。再度クリックすると伏字に戻ります。
  • その他重要な単語は赤字で表示しています。
  • 濃い緑色のテキストはマウスを乗せると用語説明が表示されます。

古墳とヤマト政権

古墳の出現とヤマト政権

1 古墳の出現

  1. 3世紀後半から西日本を中心に、●●●や前方後方墳などが出現
    出現期の古墳で最大規模は奈良県●●●古墳
  2. 内部:長い木管を竪穴式石室に埋葬、副葬品(銅鏡など)
  3. 性格:各地の首長級に共通の墓制(広域の政治的連合体の形成)。

2 ヤマト政権の成立

  1. 出現期の古墳 大和地方(奈良)に各地をしのぐ大規模な古墳
  2. 大和政権:大和地方を中心に近畿中央部の勢力を核とする政治連合
  3. 4世紀中頃、東北まで古墳が波及 大和政権の支配拡大を示唆

前期・中期の古墳

前期・中期の古墳

時期前期中期
3世紀中頃〜4世紀後半4世紀後半〜5世紀後半
分布主に畿内中心
出現期は大和地方に大規模古墳が集中
畿内から各地へ波及
畿内ほか群馬(上毛野)・京都北部(丹後)・岡山(吉備)・宮崎(日向)などに大規模古墳
立地丘陵地に多い平野部に巨大古墳築造
形状西日本では主に前方後円墳
東日本では前方後方墳が多い
前方後円墳が全盛
巨大な前方後円墳が出現
代表的
古墳例
この期の最大古墳は●●●古墳(奈良県)●●●古墳(仁徳天皇陵)(百舌鳥古墳群内)
●●●古墳(応神天皇陵)(古市古墳群内)
●●●古墳(岡山県)らが代表
埋葬●●●石室が多い
粘土槨・木棺・石棺あり
前期と同じ竪穴式石室で石室が大きい
墳丘部周辺斜面には葺石、墳丘上には●●●や家形埴輪、器材埴輪(盾など)をめぐらす葺石、円筒埴輪に加え、人物・動物などをかたどった●●●増加
副葬品の特徴鉄製の武器や農工具などに加え、●●●に代表される銅鏡など、呪術的色彩の強いもの刀剣・甲冑など鉄製の武器・武具・馬具など軍事的色彩の強いものや金属製装身具
被葬者被葬者は●●●的性格が強い被災者は●●●的性格が強い、倭の五王と関連

東アジア諸国との交渉

1 大陸情勢

3世紀初の朝鮮半島地図
3世紀初の朝鮮半島地図 ©世界の歴史まっぷ
5世紀初の朝鮮半島地図
5世紀初の朝鮮半島地図 ©世界の歴史まっぷ
  1. 中国:三国 (周辺民族侵入)五胡十六国 南北朝時代 支配力低下
  2. 朝鮮半島
    1. ①北部:●●●が巨大化、313年に楽浪郡を滅ぼす
    2. ②南部:4世紀、馬韓から●●●、辰韓から●●●が建国、弁韓べんかん ●●●諸国は小国連合が続く
      加耶(加羅)諸国を『日本書紀』では任那みまなと呼ぶ

2 大陸との交渉

  1. 倭の加耶進出
    倭は●●●資源を求め、加耶諸国に進出
  2. 高句麗の南下
    南下を進める高句麗と倭が交戦 高句麗の都の丸都がんと(現中国吉林省)の●●●に記述あり
    史料チェック高句麗好太王碑」碑文
    「百残・新羅はもとこれ属民なり。由来朝貢ちょうこうす。しかるに倭、辛卯の年(●●●年)よりこのかた、海を渡りて百残を破り新羅をし、以て臣民と為す。」
  3. 高句麗などから騎馬技術が伝来(中期古墳の軍事的性格に影響か)
    *一部で騎馬民族征服王朝説の学説あり
  4. 中国大陸(南朝)との交渉
    • ①「倭の五王」 讃、珍、済、興、●●●が5世紀初めから南朝に朝貢
    • ②目的:朝鮮半島における倭の外交・軍事上の立場を有利にするため
    • ③済は允恭いんぎょう天皇、興は安康あんこう天皇、武は●●●天皇に比定、讃と珍は諸説あり
    史料チェック: 倭王武の上表文
    興死して弟武立つ。自ら、 諸軍事 安●●● 倭国王と称す。順帝の昇明しょうめい二年(●●●年)、使を遣わして上表して曰く、「封国ほうこく偏遠へんえんにして、藩を外にす。昔より祖禰そでいみずから甲冑をつらぬき、山川を跋渉ばっしょうして寧処ねいしょいとまあらず。 」と。(『宋書』倭国伝)」

大陸文化の受容

1 渡来人による諸技術の伝播

  1. ヤマト政権は、渡来人を技術者集団として組織化
    ●●●(上質鉄器制作)、陶作部すえつくりべ(上質陶器制作)、錦織部にしごりべ(機織り)、鞍作部くらつくりべ(馬具制作)など
  2. 代表的渡来人(「記紀」の説話から)
    • ●●●秦氏はたうじの祖、養蚕・機織りを伝える(山城国太秦うずまさ周辺に居住)
    • ●●●東漢氏やまとのあやうじの祖
    • 王仁わに●●●の祖

②と③はヤマト政権の記録や文書作成などに従事

2 大陸文化の伝来

  1. 儒教:●●●が『論語』を献上、6世紀初頭に百済から五経博士ごきょうはかせが来日して五経を講じ、儒教を伝える
  2. 漢字:王仁が「千字文せんじもん」(識字・習字のテキスト)を伝える 漢字の音を借りて人名や地名などを表記 ヤマト政権の記録 史部ふひとべなどが担当
    帝紀ていき」(天皇の系譜)、「旧辞きゅうじ」(朝廷の伝承)の作成 「記紀」のもと
    • 使用例
      埼玉県●●●古墳出土の鉄剣銘
      奈良県●●●七支刀しちしとう(百済王が倭王に贈呈との説)
      和歌山県隅田八幡神社人物画像鏡
  3. 仏教:百済の●●●●●●天皇に仏像・経論などを贈る(仏教公伝)
    • ①公伝年
      • 538年(戊午ぼご)説:『●●●』・『元興寺縁起がんごうじえんぎ
      • 552年(壬申じんしん)説:『日本書紀
    • ②仏教需要めぐり対立(崇仏論争 崇仏派の蘇我氏が勝利
      • 崇仏派:●●●
      • 廃仏派:●●●
    • ③私的伝来としては、『扶桑略記ふそうりゃっき』に司馬達等しばたつと鞍作鳥くらつくりのとりの祖父との説)が継体朝(522年ごろ)に来日し、飛鳥の地で仏像を礼拝したとの記述
    史料チェック: 仏教の伝来
    志癸嶋しきしま天皇●●●天皇)の御世戊午(●●●)年十月十二日、百済国主の明王、初めて仏像経教ならびに僧等を渡し奉る。勅して●●●宿禰すくねの大臣に授けて興隆せしむる也。」(資料名:『●●●』)

古墳文化の変化

大陸文化の影響 古墳時代後期、古墳に大きな変化

1 埋葬方法の変化

  1. 竪穴式石室が減少 追葬可能な●●●石室の出現
  2. 埴輪:形象埴輪が増加 古墳の周りや墳丘上に並べ葬送儀礼を象徴

2 古墳規模・形状などの変化

  1. 近畿以外、大型の前方後円墳減少 各地の豪族がヤマト政権に服属
  2. ●●●など小型古墳の爆発的増加 有力農民層などへ古墳が普及
  3. 地域的特色
    • 九州北部で石の埴輪である石人・石馬
    • 九州各地や茨城県・福島県で墓室に彩色のある●●●

参考