3 「平城京の時代」まとめ2/2 - 藤原氏の進出と政界の動揺・民衆と土地政策
奈良時代の政治の推移・土地制作の推移©世界の歴史まっぷ

3 「平城京の時代」まとめ2/2 – 藤原氏の進出と政界の動揺・民衆と土地政策

日本史 > 第2章 律令国家の形成

/ / / / / / / /

平城京の時代

このページの使いかた

  • この「日本史まとめ」カテゴリのページは、単語を伏字を利用しています。●●●部分(伏字)をクリックすると単語が表示されます。再度クリックすると伏字に戻ります。
  • その他重要な単語は赤字で表示しています。
  • 濃い緑色のテキストはマウスを乗せると用語説明が表示されます。

平城京の時代

藤原氏の進出と政界の動揺

3 「平城京の時代」まとめ2/2 - 藤原氏の進出と政界の動揺・民衆と土地政策
奈良時代の政治の推移・土地制作の推移©世界の歴史まっぷ

1 藤原不比等の台頭

  • 藤原不比等
    • 文武天皇に娘(宮子)を嫁がす のちの聖武天皇が誕生
    • 皇太子(のちの聖武天皇)にも娘(光明子)を嫁がす

2 奈良時代の政治の変遷

天皇政権中枢主な出来事
◆元明天皇●●●平城京遷都(710)、●●●(711)、古事記(712)、●●●制定(718)、『日本書紀』(720)
◆元正天皇●●●口分田不足で百万町歩開墾計画(722)、三世一身法を施行し、開墾を促す(723)
●●●藤原四家(南・北・式・京家)●●●の変後、光明子が皇后に
藤原四子(南=武智麻呂・北=房前・式=宇合・京=麻呂)が天然痘であいつぎ病死
橘諸兄
(政治顧問:吉備真備玄昉
玄昉らの排斥を求め式家の●●●の乱(740)
●●●の詔(741)[背景に飢饉・疫病など]
●●●の詔(743)[鎮護国思想の影響]
●●●で開墾地の永久私有を認める(743)
聖武天皇●●●の乱をきっかけに遷都を繰り返す
●●●橘諸兄大仏開眼(752『日本書紀』の仏教公伝200年の節目)
橘諸兄辞任(756)聖武太上天皇死去(756)
●●●養老律令施行、橘諸兄の子●●●の変(757)
藤原仲麻呂、●●●の名を賜る(758)
光明皇太后の死後、●●●の乱(764)→ 失敗
淳仁天皇
◆称徳天皇
(孝謙重祚)
●●●寺院除き加墾禁止令(765)
道鏡、太政大臣禅師(765)→ 法王(766)→ やがて皇位を望む → 宇佐八幡神託事件(769)… ●●●らが阻止
光仁天皇藤原●●●称徳天皇死去、藤原百川ら道鏡を下野薬師寺へ追放、天智天皇系の光仁天皇擁立(770)
聖武天皇時の遷都(740〜745年)
平城京 山背の●●● 摂津の難波宮 近江の紫香楽しがらき 745年平城京
*大仏造立の詔は紫香楽宮で発布

史料チェック:国分寺建立の詔

天平十三年 みことのりしてのたまわく、「 宜しく天下諸国をして、各つつしみて七重塔一区を造り、并せて金光明最勝王経こんこうみょうさいしょうおうきょう・妙法蓮華経、各一部を写さしむべし。 其の寺の名を(a)金光明四天王護国之寺こんこうみょうしてんのうごこくのてらと為し、尼寺には一十尼ありて、其の寺の名を法華滅罪之寺ほっけめつざいのてらと為し 」と。(史料名:『●●●』)

問 (a)金光明四天王護国之寺とは何寺のことか。

答え ●●●

史料チェック:大仏建立の詔

天平十五年)冬十月 詔して曰く。「 天平十五年 菩薩の大願を発して、廬舎那仏るしゃなぶつの金銅像一躰を造り奉る。 それ天下の富をたもつ者は(a)なり。天下の勢を有つ者も朕なり。この富勢を以て、この尊像を造る。事や成り易き、心や至り難き。・・・・もし更に、人情に一枝の草、一把の土を持ちて像を助け造らむと願ふ者有らば、ほしいままゆるせ。・・・・」と。

問1 (a)朕とは誰のことか

答え ●●●

問2 この詔が最初に出された時の都はどこか

答え ●●●

チェック

1. 皇位継承に関連して述べた次の文について古いものから年代順に正しく配列せよ。

  1. 墾田永年私財法を発布した男性の天皇が、皇位を娘に譲った。
  2. 蓄銭叙位令を出した女性の天皇が、皇位を娘に譲った。
  3. 東大寺大仏の開眼供養を行った女性天皇が譲位し、上皇となった。
  4. 大宝律令を施行した男性の天皇の死後、その母親が皇位についた。

答え ●●●

2. 8世紀に藤原氏が関係した事件について述べた文として誤っているものを一つ選べ。

  1. 橘奈良麻呂は、旧豪族の力を合わせて藤原仲麻呂の専権に対抗しようとしたが、逆に仲麻呂によって倒された。
  2. 藤原広嗣は、聖武天皇の信任が厚い玄昉や吉備真備らの排除を求めて大宰府で反乱を起こし、失敗に終わったが、政界に大きな動揺を与えた。
  3. 藤原不比等没後に政界を主導した橘諸兄を自殺に追い込んだ事件は、不比等の4子による策謀であった。
  4. 藤原仲麻呂は、淳仁天皇を擁立して権勢をふるったが、光明皇太后が没すると孝謙上皇と道鏡の勢力に追いつめられた。

答え ●●●

民衆と土地政策

1 民衆の生活とその変化

  1. 鉄製農具の普及 農業生産の進展
  2. 竪穴住居 平地式の掘立柱住居へ 西日本からしだいに普及
  3. 婚姻形態は男性が女性のもとに通う●●●が一般的
  4. 女性は婚姻後も別姓のまま、財産権を保持

2 民衆への過重負担

  1. 農民
    • 口分田以外の公田(=乗田)を●●●し、政府などに地子を納入
    • 兵役、雑徭、運脚などの負担に加え、飢饉や天候不順により生活困窮
    • *『万葉集』にある山上憶良の●●● 民衆困窮の一端を表現
  2. 民衆の抵抗
    • 戸籍登録地を離れて他国に●●●したり、行方不明にあたる逃亡をしたり、私度僧しどそう(官僧に対し許可なく出家得度した僧)、貴族の従者(資人)になるなどで重税を回避

3 国家財政の再建

  1. 百万町歩の開墾計画(722):口分田不足や税収不足への対応
  2. ●●●(723):三代または本人一代に限り土地の私有を認める
  3. ●●●(743):開墾田の永久的私有を認める(身分に応じ私有の制限有り)
  4. 結果
    • 貴族が大寺院が国司・郡司の協力のもと、浮浪人や農民を使役し、大規模な開墾を進める
    • ●●●の誕生(当初、税を課す輸租田、多くは周辺農民の賃祖で経営)
加墾禁止令(765)(『続日本紀』)

僧侶の●●●が政権を担った一時期に、寺院を除いて開墾を禁止する加墾禁止令(別称:開墾禁止令)が出された。のちに彼が失脚後、再び開墾と永年私有が許可された。

史料チェック:三世一身法

養老七年四月) 太政官そうすらく、「頃者百姓ようやく多くして、田池搾狭なり。望みふらくは、天下に勧めおおせて、田疇でんちゅう開闢ひらかしめん。其の新たに溝池を造り、開墾を営む者有らば、多少を限らず、給ひて三世に伝へしめん。若しふるき溝池をはば、其の一身に給せん」と。(史料名:『●●●』)

問 この法令を発布した時、政権の中枢にあった右大臣は誰か。

答え ●●●

史料チェック:墾田永年私財法

天平十五年五月) 、詔して曰く、「聞くならく、墾田は(a)養老七年のきゃくに依りて、限満つるの後、例に依りて収授す。是に由りて農夫怠倦して、開ける地復た荒る、と。今より以後、任に私財と為し、三世一身を論ずること無く、咸悉みなことごとく永年取るなかれ。其の親王の一品及び一位は五百町、 初位已下庶人に至るまでは十町

問 (a)の養老七年の格にあたる法令は何か。

答え ●●●

チェック

1. 次の史料を読み、問いに答えよ。

律令国家が成立すると、全国の土地は公有とされ、人々には口分田が班給された。しかし、口分田にあてる田地がしだいに不足するようになったため、政府は、(a)さまざまな打開策を打ち出して開墾を奨励した。

問 (a)さまざまな打開策に関連して述べた文として正しいものを一つ選べ。

  1. 政府は百万町歩の開墾計画を立て、さらに三世一身法を出した。
  2. 開発の奨励策をめぐる政治的な立場から、藤原種継が暗殺された。
  3. 百万町歩の開墾計画を立てるために、庚寅年籍こういんねんじゃくが作られた。
  4. 三世一身法では、新しく池や溝をつくって開墾した土地については、開発した本人一代に限って所有を認めた。

答え ●●●

2. 墾田永年私財法に関して述べた文として誤っているものを一つ選べ。

  1. この法令をきっかけとして広がった荘園を、初期荘園という。
  2. この法令をきっかけとして、貴族や大寺社の荘園が広がった。
  3. この法令をきっかけとして開墾された田地にも、税が課せられた。
  4. この法令をきっかけとして広がった荘園では、おもに奴婢が耕作した。

答え ●●●

参考