アウクスブルク同盟
1704年の対フランスのアウクスブルク同盟の勝利の寓意。トップのアン女王の胸像は盟友と軍の指導者に囲まれていた。©Public Domain

アウクスブルク同盟

アウクスブルク同盟 (A.D.1686〜A.D.1697) 1686年に西ヨーロッパ諸国で結成された対フランス同盟。レオポルト1世(神聖ローマ皇帝)を始め、バイエルン選帝侯、ブランデンブルク選帝侯、プファルツ選帝侯、スペイン、スウェーデン、ネーデルラント連邦共和国などが参加。 1688年ルイ14世(フランス王)がドイツ(神聖ローマ帝国)のプファルツ選帝侯領に侵攻したことによってアウクスブルク同盟戦争(プファルツ継承戦争)となり、名誉革命により1689年にウィリアム3世(イギリス王)が即位するとイングランドも同盟側で参戦した。