アウグスティヌス
アウグスティヌスの肖像画 (フィリップ・ド・シャンパーニュ画/17世紀/ ロサンゼルス郡美術館蔵)©Public Domain

アウレリウス・アウグスティヌス (A.D.354〜A.D.430) 古代キリスト教最大の神学者。北アフリカのヌミディア出身。カルタゴで弁論術を学んだ後、善悪二元論のマニ教に傾倒するが、ミラノ司教アンブロシウスに師事して回心する。アフリカ帰国後、聖職についてヒッポの司教となり、キリスト教の神学を究めた。著書に『神の国』『告白録』など。その思想は中世の「スコラ哲学」への道をつくり、西洋哲学に多大な影響を与えた。