アラゴン十字軍
アラゴン十字軍 Setge de Girona de 1285

アラゴン十字軍

アラゴン十字軍 1284年にシャルル・ダンジューと親密なマルティヌス4世(ローマ教皇)は、ペドロ3世(アラゴン王)とペドロ3世を応援してシチリア島を略奪した東ローマ帝国国王を破門し、シャルル・ダンジュー(カルロ1世(シチリア王))の甥フィリップ3世(フランス王)の四男ヴァロワ伯シャルルにアラゴン王国を授るために行われた十字軍遠征。