アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術
アルタミラ洞窟壁画(複製) ©MatthiasKabel

アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術

アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術 アルタミラ洞窟の壁画は、先史ヨーロッパ時代の区分で主にマドレーヌ期(約18,000年 – 10,000年前)と呼ばれる旧石器時代末期に描かれた野牛、イノシシ、馬、トナカイなどの動物を中心とする壁画でユネスコの世界遺産「アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術」(文化遺産)に登録されている。