アレクサンドロス3世 アレクサンドロス大王
アレクサンドロス3世 (ナポリ国立考古学博物館蔵 モザイク拡大) ©Berthold Werner

アレクサンドロス3世 (紀元前356年7月20日-紀元前323年6月10日)

  • アルゲアス朝マケドニア王(在位紀元前336年〜紀元前323年)
  • ヘラス同盟盟主
  • エジプト(マケドニア王国支配)ファラオ(在位:紀元前332年〜紀元前323年)

父フィリッポス2世はヘラクレスを祖とし、母オリュンピアスはアキレウスを祖とする家系であり、ギリシア世界で最大の栄光を持つ両英雄の血筋と考えられ、ギリシア随一の家系的名誉だった。家庭教師アリストテレスから多くを学ぶ。アケメネス朝ペルシアを滅ぼし、ギリシアからインドにまたがる大帝国を築き、東西文化の融合を進める(ヘレニズム文化)。