アンボイナ事件
オランダによるイギリス人の拷問 ©Public Domain

アンボイナ事件 1623年、モルッカ諸島の香辛料獲得をめぐるオランダとイギリスの抗争がアンボイナ島で事件をひきおこした。イギリス商館の日本人傭兵がオランダ商館の様子を探っていたとして、オランダ商館長はイギリス商館員全員を捕らえ拷問、陰謀の自供を引き出して処刑した。イギリス人10名、日本人9名、ポルトガル人1名が処刑された。この事件以後、イギリスはこの地を去りインド経営に専念するようになった。