アンリ2世(フランス王)
アンリ2世(フランス王)(ルーヴル美術館蔵)©Public Domain

アンリ2世(フランス王)


アンリ2世(フランス王)( A.D.1519〜A.D.1559)

ヴァロワ朝第10代フランス王(在位1547年3月31日 - 1559年7月10日)。「カトー・カンブレジ条約」を締結し、イタリアから撤退した。和解後、カール5世の息子フェリペ2世とアンリ2世の娘エリザベートの婚姻がおこなわれたが、その祝宴の馬上槍試合で、アンリ2世は右目を貫かれる事故に遭い、その傷がもとで死去した。

アンリ2世(フランス王)

イタリアから撤退して戦争を終結させる

28歳で王位に就いたアンリ2世は、父親のフランソワ1世(フランス王)の対外政策を引き継ぎ、ハプスブルク家カール5世(神聖ローマ皇帝)と戦ったが、イタリアでのハプスブルク家の優位は不動であった。やむなくアンリ2世は「カトー・カンブレジ条約」を締結し、イタリアから撤退した。

和解後、カール5世(神聖ローマ皇帝)の息子フェリペ2世(スペイン王)とアンリ2世(フランス王)の娘エリザベート・ド・ヴァロワの婚姻がおこなわれたが、その祝宴の馬上槍試合で、アンリ2世は右目を貫かれる事故に遭う。手は尽くされたが、その傷がもとで、アンリ2世は死去した。

アンリ2世の死後、フランス国内は40年近くにわたって、カトリックとプロテスタントが争う「ユグノー戦争」が起こることになる。

アンリ2世(フランス王)
アンリ2世(フランス王)(ルーヴル美術館蔵)©Public Domain

アンリ2世はカトリーヌを妃としたが、結婚後もディアーヌ・ド・ポワチエを愛人としていたため、カトリーヌとは不仲であったといわれる。

¥1,172 (2021/09/27 21:16:10時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

子女

王妃カトリーヌとの間に10人の子女をもうけた。

  • フランソワ2世(フランス王)(1544年 – 1560年) – フランス王
  • エリザベート・ド・ヴァロワ(1545年 – 1568年) – フェリペ2世(スペイン王)妃
  • クロード・ド・ヴァロワ(1547年 – 1575年) – シャルル3世(ロレーヌ公)妃
  • ルイ(1549年 – 1550年) – オルレアン公
  • シャルル9世(フランス王)(1550年 – 1574年) – フランス王
  • アンリ3世(フランス王)(1551年 – 1589年) – ポーランド王、後にフランス王
  • マルグリット・ド・ヴァロワ(1553年 – 1615年) – ナバラ王・フランス王アンリ4世(フランス王)
  • フランソワ(アンジュー公)(1555年 – 1584年) – アンジュー公
  • ジャンヌ(1556年) – ヴィクトワールと双子
  • ヴィクトワール(1556年) – ジャンヌと双子
広告