アーサー・エヴァンズ
アーサー・エヴァンズ Wikipedia

アーサー・エヴァンズ

アーサー・エヴァンズ (A.D.1851〜A.D.1941)

イギリスの考古学者。クレタ文明の発見者。オックスフォード大学卒業。1884年アシュモール博物館館長、1899年クレタ発掘財団を設立し、クノッソス遺跡の発掘を推進した。翌1900年より宮殿址ならびに未解読の線状文字資料多数を発掘し、クレタ文明の解明に大きな貢献をなした。1911年ナイトの称号を得る。

アーサー・エヴァンズ

[生]1851.7.8. ナッシュミルズ
[没]1941.7.11. オックスフォード近郊ユルベリー
イギリスの考古学者。フルネーム Sir Arthur John Evans。クレタ文明の発見者。オックスフォード大学卒業。1884年アシュモール博物館館長、1899年クレタ発掘財団を設立し、クノッソス遺跡の発掘を推進した。翌1900年より宮殿址ならびに未解読の線状文字資料多数を発掘し、クレタ文明の解明に大きな貢献をなした。1911年ナイトの称号を得る。著書には『ミノア文字』Scripta Minoa(1909),『クノッソスのミノスの宮殿』The Palace of Minos(4巻,1921~36)などがある。

参考 ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 プラス世界各国要覧 2017

1901年に王立協会のフェロー(王立協会フェロー)に選出され、1936年にコプリ・メダルを受賞した。

参考 Wikipedia