イマヌエル=カント
イマヌエル=カント(Johann Gottlieb Becker画/シラー国立博物館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

イマヌエル=カント


Previous Post

Next Post

イマヌエル=カント Immanuel Kant( A.D.1724〜A.D.1804)

ドイツ(プロイセン王国)の哲学者。合理論と経験論を批判的に総合してドイツ観念論を創始。人間の認識能力を経験できる対象範囲に限定し理性を吟味・検討する批判哲学ともよばれる。1795年『永久平和論』で世界連邦制や国連構想にまで言及。

イマヌエル=カント

ドイツの哲学者。合理論と経験論を批判的に総合してドイツ観念論を創始した。人間の認識能力を経験できる対象範囲に限定し、理性を吟味・検討する方法は批判哲学とも呼ばれる。代表的著書は『純粋理性批判』(1781年刊)。

¥946 (2021/09/23 20:46:32時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

ドイツ(プロイセン王国)の哲学者。『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』でドイツ観念論を確立し「物事を理性が知るのではなく理性が物事をつくる」と看破。フランス革命を経た1795年の『永久平和論』では世界連邦制や国連構想にまで言及した。

参考 ビジュアル 世界史1000人(下巻)

ヨーロッパ主権国家体制の展開

17〜18世紀のヨーロッパ文化

「科学革命」

啓蒙思想は、イギリス、とくにスコットランドにも強い影響を与えたが、ドイツでも哲学者のイマヌエル・カント(1724〜1804)や文学者ゴットホルト・エフライム・レッシング(1729〜1781)がこの影響をうけた。

¥1,111 (2021/09/24 14:13:22時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4003362535

欧米における近代国民国家の発展

19世紀欧米の文化

哲学と人文・社会科学
哲学

合理論と経験論を統合・批判し、啓蒙主義思想の理性万能に懐疑の目をむけたイマヌエル=カント以降、19世紀のドイツ観念論は「ドイツ国民に告ぐ」によって愛国心の高揚をめざしたフィヒテ Fichte (1762〜1814)や、ドイツ・ロマン派哲学の代表者であるシェリング Scheling (1775〜1854)によって継承され、ヘーゲル Hegel (1770〜1831)が弁証法哲学 Dialektik を提唱するにおよんで完成した。

19世紀欧米の文化 哲学・社会科学

哲学社会科学
経済学歴史学歴史法学
ドイツ観念論カント(独)
フィヒテ(独)
シェリング(独)
ヘーゲル(独)
古典派経済学マルサス(英)
リカード(英)
ランケ(独)
ドロイゼン(独)
ギゾー(仏)
サヴィニー(独)
フォイエルバッハ(独)
マルクス(独)
コント(独)
歴史学派リスト(独)
経験論哲学ベンサム(英)
ジョン=ステュアート=ミル(英)
スペンサー(英)
キェルケゴール(デンマーク)
ショーペンハウエル(独)
¥2,750 (2021/09/23 20:44:18時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告
Previous Post

Next Post