インダス文明
モヘンジョダロ モヘンジョダロ – Wikipedia

インダス文明 インダス川流域を中心とする広大な地域に、紀元前2300年〜紀元前1700年ころの青銅器時代に栄えた都市文明。この文明の圏内には大小の都市遺跡が存在するが、中流域のハラッパーと下流域のモヘンジョダロが他を圧倒する規模をもっている。同時代のどの文明にもみられない整然とした都市計画のもとに建設されていた。

  • 道具: 青銅器の使用
  • 文字: インダス文字
  • 生産経済: 氾濫農耕による小麦の生産
  • 交易: メソポタミアと海上交易
  • その他: 政治体制不明。神殿・墓は存在しない。