シャープール1世 ウァレリアヌス
降服するウァレリアヌス帝らと騎乗のシャープール1世。ナクシュ・イ・ルスタムの磨崖像より @ファイル:Bas relief nagsh-e-rostam al.jpg – Wikipedia

ウァレリアヌス


ウァレリアヌス Valerianus (193年頃〜260年)

ローマ帝国軍人皇帝時代の皇帝(在位253〜260)。息子を共同皇帝として西半分を統治させ、自身は東を受け持ち、ササン朝ペルシアに侵攻しがシャープール1世に敗れ、捕虜となり処刑された。

ウァレリアヌス

ローマの軍人皇帝(在位253〜260)。エデッサの戦いでシャープール1世に敗れた。m初めて敵国の捕虜となったローマ皇帝である。

¥946 (2021/07/31 10:38:49時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

ペルシアに捕らわれ処刑される

息子を共同皇帝として西半分を統治させ、自身は東を受け持ち、ササン朝ペルシアに侵攻した。だがシャープール1世に敗れ、捕虜となり処刑された。

¥2,090 (2021/07/31 10:46:38時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

不運と屈辱のうちに生涯を終えた

50年間に26人の皇帝が乱立した軍人皇帝時代。その中で最も不運な皇帝がプブリウス・リキニウス・ウァレリアヌスだった。ローマの名門貴族出身の彼は60歳近くで即位。息子ガリエヌスと共同統治を行うが、東方遠征時、ペルシア王の捕虜となる。2年余りの屈辱の日々の後、囚われの身のまま亡くなった。

¥2,640 (2021/07/31 10:43:14時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4418122362
広告