ウルのジッグラト
ウル・ナンムの治世下に建てられた「ウルのジッグラト」

ウル(Ur)


Previous Post

Next Post

ウル(Ur)  
ユーフラテス川最南部に位置する、古代メソポタミアシュメール人の都市国家。イギリス人考古学者ウーリーが発掘した王墓群からは、殉死者や、黄金の武具、ラピスラズリなどの宝石で装飾された「ウルのスタンダード」をはじめ、多数の副葬品が出土した。

ウル(Ur)

ユーフラテス川最南部に位置するシュメール人の都市国家。イギリス人考古学者ウーリーが発掘した王墓群からは、殉死者や、黄金の武具、ラピスラズリなどの宝石で装飾された「ウルのスタンダード」をはじめ、多数の副葬品が出土した。

¥946 (2021/10/24 17:31:33時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

ウルのスタンダード

Standard of Ur - peace
ウルのスタンダード(平和)©Public Domain
Standard of Ur - peace
ウルのスタンダード(平和)©Public Domain

ウルのジッグラト

ウルのジッグラト
ウルのジッグラト©世界の歴史まっぷ
ジッグラト(聖塔)とは神が降臨する人口の山で、最上部に神殿があり、メソポタミア各地の都市に建造された。ウルのジッグラトは前2100年頃、ウル第3王朝期にたてられ、3層構造で最上部に月の神の神殿をかまえている。正面の階段はまっすぐに最上部まで達している。「バベルの塔」はバビロンにあったジッグラトが伝説化されたものであろう。
山川出版社
¥1,490 (2021/10/24 18:41:17時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634045133

歴史

紀元前5千年紀半ば
ウルに人が居住をはじめる。
紀元前4千年紀
都市が本格的に拡張をはじめる。
ウル第1王朝
ウル第2王朝
ウル第3王朝
紀元前22世紀から紀元前21世紀にかけてメソポタミアを支配した王朝。ウルの軍事司令官であったウル・ナンムが自立して、前22世紀末にウル第三王朝が建てられた。
神殿の建築や運河の建設などを行うとともに、ウル・ナンム法典と称される法典を定めた。この法典は、のちに古バビロニア王国でまとめられるハンムラビ法典に影響を与えたと考えられる。第2代シュルギの時代までに行政機構が確立し、王権の神格化も進んでいった。
しかし、まもなくこの王朝はアムル人エラム人の侵入に苦慮することとなった。シュルギ王やのちのシュ・シン王は、彼らの侵入を防ぐために防壁を設けた。
紀元前2004年(または紀元前1940年)、シュ・シンの息子であるイビ・シン王の時代にエラムが侵攻するとウルは陥落。エラム人によって王ははるか東方へ連行され、これをもってウル第三王朝は滅亡した。

シュメールの多くの都市国家はそれぞれ周囲の1000平方キロもの土地を支配していた。 ラガシュエリドゥ、キシュ、ニップルウルク、シッッパル、アカシャク、ウルなどの都市ははるか昔からその名を轟かせていた。

広告
Previous Post

Next Post