エジプト古王国 クフ
クフ王の大ピラミッド ©Nina

エジプト古王国


エジプト初期王朝

エジプト第1中間期

Previous Post

Next Post

エジプト古王国 前27世紀〜前22世紀
首都:メンフィス
第3王朝からエジプト第6王朝までの古代エジプト史における時代区分。通常エジプト第3王朝からエジプト第6王朝までの時代を古王国と呼ぶ。

エジプト古王国

第3〜6王朝。都はメンフィス。王権の強大化にともないピラミッドがさかんに造営された。しかし第6王朝が崩壊すると地方勢力が割拠する状況となり、国内は乱れた。

¥946 (2021/09/16 20:42:03時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

エジプト最初の繁栄期。首都は一貫してメンフィスに置かれた。古王国時代には中央政権が安定し、ピラミッドを見てわかるように、強力な王権が成立していた。

エジプト第3王朝

紀元前2686年頃 – 紀元前2613年頃
史上名高いジェセル王の階段ピラミッドを建造した王朝であり、この王朝から古代エジプトを象徴する建造物であるピラミッドが大々的に建設されるようになった。

エジプト各地に州(セバト)が新設され、それとは別に王領地(フウト)も全国各地に設けられるなど、未だ体系だてられてはいないものの、国制も大きく整えられた。

ジェセル王の時代になると、エジプト初期王朝時代以来王達が追求してきた王権確立が実を結び、まさに神たる王に相応しい地位を王は現実に手に入れつつあった。それを示す偉大な記念碑が、サッカラに建てられた。それは史上初のピラミッドとも言われるジェセル王の階段ピラミッドである。

ピラミッド

エジプト古王国 ジェセル
ジェセル王の階段ピラミッドSource: Wikipedia
  • ジェセル王の階段ピラミッド(サッカラ)
  • セケムケト王の未完成ピラミッド(サッカラ)
  • 重層ピラミッド(ザウィエト・エル=アリアン)

エジプト第4王朝

紀元前2613年頃 – 紀元前2494年頃
古代エジプト文明を代表する建造物であるギザの大ピラミッドを建設した王朝であり、そのピラミッドを建設した王としてクフ王カフラー王、メンカウラー王の名は広く知られている。政治史的にも文化史的にも極めて重要な王朝であり、その文化遺産は近現代にまで影響を及ぼし続けている。

ピラミッド

エジプト古王国 クフ
クフ王の大ピラミッド ©Nina
  • スネフェル王の屈折ピラミッド(ダハシュール)
  • スネフェル王の赤いピラミッド(ダハシュール)
  • スネフェル王の異形ピラミッド(メイドゥム)
  • クフ王の大ピラミッド(ギザ)
  • ジェドエフラー王のピラミッド(未完成 アブ・ロアシュ)
  • カフラー王のピラミッド(ギザ)
  • メンカウラー王のピラミッド(ギザ)

スフィンクス

カフラー王のピラミッド複合体に含まれるスフィンクスは、エジプトの彫刻作品の中で最もよく知られたものである。スフィンクスの建設者はカフラーとするのが有力説である。

エジプト第5王朝

紀元前2494年頃 – 紀元前2345年頃
エジプト第4王朝時代に引き続いてピラミッドの建設が行われた。第5王朝のピラミッドは第4王朝に比べて遥かに小規模であるが、ピラミッド・テキストと呼ばれる碑文がはじめて残されるようになる時代であり、歴史的重要性は前王朝にひけを取らない。太陽神ラーへの信仰が非常に強まった時代でもあり、宗教的にも後代のエジプトに大きな影響を残した。

ピラミッド

  • ウセルカフ王のピラミッド(サッカラ)
  • サフラー王のピラミッド(アブシル)
  • ネフェルイルカラー王のピラミッド(アブシル)
  • ニウセルラー王のピラミッド(アブシル)
  • ウナス王のピラミッド(サッカラ)

太陽神殿

第5王朝時代に盛んに作られた太陽神ラーを祭る神殿。

  • ウセルカフ王の太陽神殿(アブシル)
  • ニウセルラー王の太陽神殿(アブグラーブ)

エジプト第6王朝

紀元前2345年頃 – 紀元前2185年頃
初期には活発な対外遠征を繰り返して周辺諸国を征服したが、第6王朝の中央権力の弱体化とともにエジプトの各地で州の長官たちが自立勢力となり、第6王朝は崩壊し、第1中間期と呼ばれる分裂の時代へと向かう。

ピラミッド

  • テティ王のピラミッド(サッカラ)
  • メンネフェル・ペピ(サッカラ)
  • メルエンラー1世のピラミッド(サッカラ)
  • ペピ2世のピラミッド(サッカラ)

画像出典: All Gizah Pyramids – Wikipedia

同義語
古王国
広告
Previous Post

Next Post