エデッサ伯国 - ブーローニュのボードゥアンが1098年2月にエデッサに入城する場面。アルメニア人の聖職者がコンスタンティノポリスの保護下からの解放を祝い出迎えている
ブーローニュのボードゥアンが1098年2月にエデッサに入城する場面。アルメニア人の聖職者がコンスタンティノポリスの保護下からの解放を祝い出迎えている ©Public domain

エデッサ伯国

エデッサ伯国 1098年-1150年 古代史上および初期キリスト教史上よく知られたエデッサ(現在のトルコ領ウルファ)の街の周囲に建国された最初の十字軍国家。 エデッサ伯国は他の十字軍国家と異なり、海に接しておらず陸に閉ざされていた。