エドワード3世(イングランド王)
ウェストミンスター寺院のエドワード3世,ブロンズ像 ©Public domain

エドワード2世(イングランド王)

リチャード2世(イングランド王)

エドワード3世(イングランド王) (A.D.1312〜A.D.1377) プランタジネット朝第7代イングランド王(在位1327〜1377)。エドワード2世(イングランド王)の子。フランスでカペー朝が断絶すると、カペー朝フィリップ4世(フランス王)の孫として王位を主張してフランスに侵入し、百年戦争をおこした。子・エドワード黒太子の活躍があったが、戦略に失敗。戦費増加やペストに苦しんだ。毛織物生産の振興を図り、経済発展に貢献した。