エフェソス強盗会議
西方教会の伝統的なシンボルの「パッチ」@Fichier:Shield-Trinity-Scutum-Fidei-compact.svg — Wikipédia

エフェソス強盗会議

エフェソス強盗会議 449年小アジアのエフェソスで行われたキリスト教の会議。 448年のコンスタンティノポリス地方公会で異端とされたエウテュケスは教義の撤回を拒み破門されたため、エウテュケスの後援者のアレクサンドリア総主教ディオスコロスは東ローマ皇帝テオドシウス2世の側近を動かし、エフェソスでの公会議を開く許可を得て、エウテュケスの教義を正当化し、コンスタンティノポリス大主教フラウィアノスをエフェソスに流刑に処した。