フリギア エラム イリュリア アッシリア 紀元前10世紀前後のオリエント地図
紀元前10世紀前後のオリエント地図 ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

Next Post

エラム 紀元前3000年紀半ばから紀元前7世紀前半、イラン高原南西部を支配した民族・王国。スーサを都とする。エラム 人の民族系統は不明。 本拠地(現:フージスターン)はメソポタミア平原の延長とみなされ、シュメール諸都市をはじめとするメソポタミア側の史料にもしばしば言及される。最盛期は紀元前12世紀前半、シュトルク・ナフンテ王の治世、バビロニアを制した。

Previous Post

Next Post