オルメカ文明 紀元前1300年世界地図中央アメリカ拡大
紀元前1300年世界地図中央アメリカ拡大

オルメカ文明


Previous Post

オルメカ文明 Olmeca

前1200年頃までにメキシコ湾岸に成立した文明。独特な巨石人頭像を残した。ジャガー崇拝、ヒスイ(宝石)の重視、神殿ピラミッドが特徴的で、周辺地域の文明に大きな影響を与えた。

オルメカ文明

前1200年頃までにメキシコ湾岸に成立した文明。独特な巨石人頭像を残した。ジャガー崇拝、ヒスイ(宝石)の重視、神殿ピラミッドが特徴的で、周辺地域の文明に大きな影響を与えた。

¥946 (2021/10/27 17:32:31時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

アジア・アメリカの古代文明

アジア・アメリカの古代文明
アジア・アメリカの古代文明 ©世界の歴史まっぷ

南北アメリカ文明

メソアメリカ文明

現在のメキシコ中央・南東部・グアテマラなど中央アメリカの一部に成立した高度な文明をメソアメリカ文明と呼ぶ。

オルメカ文化

メキシコ湾岸を中心とする地域には、紀元前2000年紀にオルメカ文化という宗教色の強い文化が成立していた。
紀元前500年ころ、オルメカ文化は衰退したが、メキシコ一帯にはその遺産を引き継いだ文化が広がった。

¥2,750 (2021/10/27 17:32:19時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888

場所: 中央アメリカの中部から南部 メキシコ湾岸
美術:  巨石人頭像

巨石や宝石を加工する技術を持ち、ジャガー信仰などの宗教性も有していた。その美術様式や宗教体系は、マヤ文明などの古典期メソアメリカ文明と共通するものがある。

巨石人頭像
巨石人頭像 画像出典: CabezaColosal1 MuseoXalapa – Wikipedia

トップ画像: 紀元前1300年の世界地図一部拡大

参考 Wikipedia

広告
Previous Post