16.イスラーム世界の形成 預言者ムハンマド カアバ神殿
カアバ神殿 @Wikipedia

カアバ神殿

/

カアバ神殿 サウジアラビアのメッカにあるイスラーム教のモスク「マスジド・ハラーム」の中心部にある立方体の建造物でその一隅に聖なる黒石がはめこまれている、イスラームにおける最高の聖地とみなされている聖殿。 イスラーム前の時代からアラブの宗教の一中心で、多くの神々が祀られていた。 630年預言者ムハンマドは一神教であるイスラーム教を唱え、神殿内のすべての偶像を破壊してここをイスラーム教の聖殿に定めた。 コーラン第2章127節によれば、カアバはイブラーヒーム(アブラハム)とイスマーイールによって基礎をおかれたことになっており、また第3章96節ではカアバは地上につくられた最初の聖所とされている。イスラム教徒の礼拝の方向はこのカアバに向けられ、カアバへの巡礼はイスラム教徒の重要な義務の一つである。