ピリッポス2世暗殺直後のマケドニア王国の支配領域 コリントス同盟 マケドニア王国 カイロネイアの戦い B.C.336 マケドニア王国の支配領域 (コリントス同盟)ピリッポス2世暗殺直後のマケドニア王国の支配領域 (コリントス同盟国) ピリッポス2世 アレキサンダー
ピリッポス2世暗殺直後のマケドニア王国支配領域(黄色)

カイロネイアの戦い

カイロネイアの戦い (紀元前338年8月2日) 場所: ボイオティアのカイロネイア 交戦: アルゲアス朝マケドニア王国)(ピリッポス2世アレクサンドロス3世) 対 アテナイ・テーバイ連合軍 結果: アルゲアス朝の勝利。スパルタを除く全ポリスが参加するコリントス同盟を結成し、ギリシアにマケドニアの羅権を確立する。