カノッサの屈辱 ハインリヒ4世(神聖ローマ皇帝)
カノッサの屈辱(グレゴリウス7世・ハインリヒ4世(神聖ローマ皇帝)・トスカナ女伯マティルダ) ©Public Domain

カノッサの屈辱

/ /

カノッサの屈辱 (1077) グレゴリウス7世(ローマ教皇)は教皇権の至上性と俗権に対する優越を宣言し、ドイツ王ハインリヒ4世(神聖ローマ皇帝)と対立した。国王は聖俗諸侯を集め教皇の廃位を決議した。教皇もハインリヒの廃位と破門を宣言すると、世俗諸侯は波紋を解かれないかぎり、ハインリヒの王位を廃することを決定した。孤立した国王はトスカナ女伯マティルダの仲介により、カノッサ城に滞在する教皇に許しを請い、雪の城門で3日間素足のまま祈りと断食を続け、やっと破門を解かれた。