カルケドン公会議
カルケドン公の第四エキュメニカル協議会(1876-ワシーリー・スリコフ)

カルケドン公会議

カルケドン公会議 Chalcedon 451年

小アジアのカルケドンで開催された公会議。イエスの神性と人性の両方を認め(カルケドン信条)、単性論やネストリウス説を退けた。

カルケドン公会議

小アジアのカルケドンで開催された公会議。イエスの神性と人性の両方を認め(カルケドン信条)、単性論やネストリウス説を退けた。

created by Rinker
¥946 (2021/06/21 13:32:27時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

‎キリスト教諸教派

‎キリスト教諸教派の成立の概略を表す樹形図

Wikipedia

  • 招集者: 東ローマ帝国・マルキアヌス
  • 議長: コンスタンディヌーポリ総主教のアナトリオス
  • 場所: 小アジアのビティニアの都市カルケドン(現トルコ共和国イスタンブール県カドゥキョイ)
  • 結果: キリストに神性と人性の両方があることを確認。単性論、ネストリウス派の異端化。
広告