カルロ1世(シチリア王)

/ /

カルロ1世(シチリア王) 1227年3月21日 – 1285年1月7日 シチリア王(在位:1266年 – 1282年)、後にナポリ王(在位:1282年 – 1285年)。 カペー系アンジュー家(アンジュー=シチリア家)の祖で、ルイ8世(フランス王)と王妃ブランシュ・ド・カスティーユの子。ルイ9世(フランス王)の末弟。シチリア王位に就くまでの活躍により、フランス語名を元にシャルル・ダンジューと表記されることが多い。 フランス南部やイタリア北部に積極的な勢力拡大を行い、ローマ教皇の支持を得てホーエンシュタウフェン家を滅亡させシチリア王国を征服し、東ローマ帝国の征服と地中海帝国の建設を夢見たが、シチリアの晩祷事件を契機に失敗に終わった。