ガウタマ・シッダールタ
釈迦立像(1〜2世紀) ©Public domain
Previous Post

Next Post

ガウタマ・シッダールタ (釈迦) 紀元前463年 – 紀元前383年(諸説あり) 仏教の開祖。16歳で出家し、6年間苦行を積み、ブッダガヤの菩提樹の下で瞑想に入り坐禅を続け、35歳のとき悟りを得る。悟りを開いた者を「仏陀」という。古代インドでは、生物は過去の行い(業)の影響を受けながら生死を繰り返すという「輪廻転生」が信じられていた。仏陀は、苦から逃れるために、輪廻転生からの「解脱」を説いた。

Previous Post

Next Post