キャラヴェル船
ラテン式キャラヴェル船 (ニッポニカ・プラスより)

キャラヴェル船

/

Previous Post

キャラヴェル船 (14〜17世紀) ポルトガルのエンリケ航海王子のもとで働いた船長たちはキャラヴェル船を用いている。これには3本のマストに大小3枚の三角帆をはったキャラヴィル・ラティナ、四角い帆をはったキャラヴェル・レドンタがあったが、従来の船より細長くなっていて、大洋を航海するうえで性能がよくなっている(50トン〜200トン)。 バルトロメウ・ディアスの喜望峰到達と、コロンブスの第1回航海で用いたピンタ号・ニーナ号はキャラヴェル船であった。しかし、東インドの航路のような長い航海ではキャラヴェル船では積載量が小さすぎ、1450年ころには、それよりも大型の400トン級のナウ船が登場する。

Previous Post