ギリシア戦争
ギリシア独立戦争 画像出典:WIKIMEDIA COMMONS

ギリシア独立戦争 (A.D.1821〜A.D.1829) オスマン帝国の支配からの解放を求めてギリシア人がおこなった戦争。イプシランティ率いる秘密結社ヘタイリアが蜂起し、オスマン帝国はエジプトの協力をえて、キオス島の残虐事件など徹底的な力による弾圧をおこなった。これに対してロシア・イギリス・フランスはギリシアの独立を支援。1829年ロシアとオスマン帝国間でのアドリアノープル条約によりギリシアの独立が認められた。