クシャーナ朝 サータヴァーハナ朝 南インドの諸国 クシャーナ朝とサータヴァーハナ朝 (2世紀半ば)地図 クシャーナ朝とサータヴァーハナ朝地図
クシャーナ朝とサータヴァーハナ朝地図(2世紀半ば)©世界の歴史まっぷ

大夏

月氏

西クシャトラパ

クシャーノ・サーサーン朝

Previous Post

Next Post

クシャーナ朝 (1世紀ごろ〜375年) イラン系の民族クシャーナ族(貴霜きそう)は、かつて大月氏がバクトリア地方などにおいた5諸侯のひとつをだしていたが、1世紀後半クシャーナ朝初代君主クジュラ・カドフィセス(丘就卻)と第3代君主ヴィマ・カドフィセスの時代に強力となり、他の諸侯を倒して南下し西北インドを征服。2世紀半ばの第4代君主カニシカ1世の時代が最盛期で、その領域は南はガンジス川の中流域におよび、北は中央アジアで後漢と接していた。また首都をガンダーラ地方のプルシャプラ(現ペシャーワル)におき、漢とローマを結ぶ交通路の中央を押さえて経済的にも栄えた。3世紀にササン朝に圧迫されて衰え、一時復興したが(キダーラ朝)、5世紀末ころ新たにおこったエフタル民族に滅ぼされた。

Previous Post

Next Post