ヒンドゥー教とイスラーム教 クトゥブ・ミナール クトゥブッディーン・アイバク
アイバクが建造したミナレット。クトゥブ・ミナール 世界遺産「デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群」 (写真: Wikipedia)

クトゥブッディーン・アイバク

/ /

クトゥブッディーン・アイバク (?〜1210年) マムルーク(奴隷軍人)出身の武将で、ゴール朝のシハーブッディーン・ムハンマドのもとで北・中央インドを征服し、ゴール領の総督となった。シハーブッディーンが暗殺されると、インド最初のイスラーム王朝を創始した(在位1206年6月27日 - 1210年)。後継者にも奴隷出身者が多かったため、この王朝は奴隷王朝と呼ばれる。