クロヴィス1世
クロヴィス1世 (Dejuinne作/1837) ヴェルサイユ宮殿蔵 ©Public domain

クロヴィス1世


クロヴィス1世 A.D.465〜A.D.511

フランク王国メロヴィング朝初代国王(在位481年 - 511年)。フランク族を統一し、フランク王国を建国。家臣とともにアタナシウス派に改宗。領土をほぼガリア全域に広げ、フランク王国はイタリアの東ゴート族と並ぶ強国とした。

クロヴィス1世

教会を後ろ盾にガリア全域の占領に成功

全フランク族を統一して初代王となったクローヴィスは、メロヴィング朝を創設。ベルギー、フランスを統一した。ローマの文化をいち早く取り入れ、兵士3千人とともに異教徒からカトリックに改宗。ローマ強化と手を組んでフランク王国の基礎をつくった。

¥2,640 (2021/07/31 10:43:14時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4418122362

異端から正統へ改宗しフランク王国を建国する

375年より、スカンジナビア半島南部から大移動を始めたゲルマン人は、西ローマ帝国内の定住先に諸国家を建てた。その中でガリアにつくられたのがフランク王国。建国者はメロヴィング家のクローヴィスである。

ローマ帝国では、コンスタンティヌス1世によって正統とされたキリスト教・アタナシウス派が信仰されていたが、ゲルマン人の大半は異端のアリウス派だった。
そのため先住民との対立が起こり、ゲルマン人の多くの国は短期間で滅びた。
ところがクロヴィスの妻・クロティルダがカトリック(アタナシウス派)だったため、感化されたクロヴィスは家臣3000名とともにアタナシウス派の洗礼を受けた。

この結果、ローマ教会や貴族との提携に成功し、先住民との関係が円滑になり、フランク王国発展の基礎が築かれた。

¥2,090 (2021/07/31 10:46:38時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

ヨーロッパ世界の形成と発展

ヨーロッパ世界の形成と発展
ヨーロッパ世界の形成と発展 ©世界の歴史まっぷ

西ヨーロッパ世界の成立

ゲルマン諸国家
526年のヨーロッパ地図
526年のヨーロッパ地図 ©世界の歴史まっぷ

フランク人はサリー・リブアリー・上フランクの3つの勢力からなり、ライン下流域に居住していた。その後、ガリア北部に移動し、5世紀になると多数の小国家をつくった。
これらを統一し、フランク王国を建設したのがサリー人のメロヴィング家からでたクロヴィス1世である。
他のゲルマン諸国が短命に終わる中で、フランク王国は9世紀まで存続し、西ヨーロッパ世界の形成に大きな役割を果たした。

フランク王国の発展とイスラームの侵入
フランク人を統一したクロヴィス1世は、まもなく西ローマ帝国衰亡後もガリア北部に残ったローマ人支配地域(シアグリウスの国)を征服すると(486年)、つづいてアレマン人・ブルグント人・西ゴート人を破り、領土をほぼガリア全域にまで広げていった。こうしてフランク王国はイタリアの東ゴート族と並ぶ強国になった。
フランク王国
フランク王国の時代別領土@Wikipedia

その要因として見逃せないのが、クロヴィス1世によるアタナシウス派キリスト教への改宗(496年)である。すでに他のゲルマン諸国はいち早くキリスト教を受け入れていたが、それはニケーア公会議(325年)で異端とされたアリウス派のキリスト教であった。したがってローマ系住民やカトリック教会との関係の円滑化という点で、クロヴィスのアタナシウス派への改宗は賢明な政策であった。

フランク王国では分割相続をとったため、クロヴィスの死後(511年)に王国は分裂と統一をくりかえし、6世紀後半にはアウストラシア(東部)・ネウストリア(西部)・ブルグンド(南部)の3分国制が成立した。
それとともにメロヴィング朝の王権はおとろえ、かわって各分国の宮宰きゅうさいが実権を掌握することになった。
フランク王国 フランク王国の発展とイスラームの侵入
メロヴィング朝フランク王国(600年頃) @Wikipedia
¥2,750 (2021/07/31 10:38:02時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告