サンチョ2世(カスティーリャ王)
サンチョ2世(カスティーリャ王)(José María Rodríguez de Losada画/Ayuntamiento de León蔵) ©Public Domain

サンチョ2世(カスティーリャ王)


サンチョ2世(カスティーリャ王) A.D.1040〜A.D.1072
カスティーリャ王国[types field=’dynasty’][/types]国王(1065年 - 1072年)兼レオン王国国王。強王と呼ばれる。暗殺され弟アルフォンソ6世(カスティーリャ王)が後を継いだ。

  • 父: [types field=’father’][/types]
  • 母: [types field=’mother’][/types]
  • 弟: アルフォンソ6世(カスティーリャ王)

サンチョ2世(カスティーリャ王)

カスティーリャ王国 – 世界の歴史まっぷ

生涯

  • 1065年、父フェルナンド1世(カスティーリャ王)(レオン王)の遺言により、カスティーリャをサンチョ2世が、レオンを弟アルフォンソ6世(勇敢王)が、ガリシアを弟ガルシア2世が、トロとサモラを姉エルビラとウラカがそれぞれ相続した。
  • 1068年、「三サンチョの戦い」で、サンチョ2世は従兄弟であるサンチョ4世(ナバラ王)とサンチョ1世(アラゴン王)を破り、ブレバ、アルタ・リオハ、アラバを征服した。これらは父フェルナンド1世(カスティーリャ王)がガルシア5世(ナバラ王)へ、ベルムート3世(レオン王)に対抗する援助の代わりに与えた土地だった。
  • 次いでサンチョ2世は弟アルフォンソ6世と協力してガリシアを征服したが、成功した後に彼は弟を裏切った。部下エル・シッドの活躍もあり、サンチョ2世はルランタダとゴルペヘラでアルフォンソ6世を破って王位を奪った。
  • アルフォンソ6世は当時イスラーム圏だったトレドへ亡命し、残るはサモラのみとなった。しかしサモラ領主となっていた姉ウラカはサンチョ2世に対し頑強に抵抗した。そして攻城戦の最中、ベイード・ドルフォス(Vellido Dolfos)はサモラ守備隊の秘密を漏らす脱走兵のふりをして陣に潜入し、サンチョ2世(カスティーリャ王)を暗殺した。この暗殺の黒幕はアルフォンソ6世とウラカであるといわれるが定かではない。
  • サンチョ2世は未婚で嗣子はなく、帰還したアルフォンソ6世がカスティーリャとレオン両方の王位を嗣いだ。この事件は叙事詩『わがシッドの歌』に描かれている。
サンチョ2世(カスティーリャ王) レオン王国 カスティーリャ王国
カスティーリャ王国とレオン王国の国王 Source Wikipedia

参考 Wikipedia

サンチョ2世が登場する作品

エル・シド

DVD
Paramount
¥1,034 (2021/07/31 14:34:25時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B0076DL2P6
広告