サンドロ・ボッティチェリ
サンドロ・ボッティチェリ(「東方三博士の礼拝」部分)(サンドロ・ボッティチェリ画/ウフィツィ美術館蔵)©Public Domain

サンドロ・ボッティチェリ

/ / /

サンドロ・ボッティチェリ (A.D.1444頃〜A.D.1510) イタリアの画家。写実的な手法から官能美と繊細な装飾の手法に移行する。『プリマヴェーラ』と『ヴィーナスの誕生』が有名。ダンテの『神曲』の挿絵制作も手がける。 初期ルネサンスで最も業績を残したフィレンツェ派の代表的画家。フィリッポ・リッピの元で学び、メディチ家の保護を受け、宗教画、神話画などの傑作を残した。