シチリア晩祷戦争
シチリア晩祷戦争 (フランチェスコ・アイエツ画/Galleria Nazionale d’Arte Moderna蔵) ©Public Domain

シチリア晩祷戦争

/ / /

シチリア晩祷戦争 1282年のシャルル・ダンジュー(カルロ1世(シチリア王))に対する「シチリアの晩祷ばんとう」に始まり、1302年のカルタベッロッタの和平で終わった中世ヨーロッパの戦争。 争いは、ローマ教皇より支援を受けたアンジュー家の王位請求者であるシャルル・ダンジューとその息子カルロ2世(ナポリ王)、フィリップ3世(フランス王)並びにその関係者と、ペドロ3世(アラゴン王)をはじめとするアラゴン王家(バルセロナ家)との間で、シチリア、カタルーニャ(アラゴン十字軍)並びに地中海を舞台にして繰り広げられた。