インド大反乱 大反乱とインド帝国の成立
インド大反乱 東インド会社のインド人傭兵をシパーヒーと呼び、約28万人が5万人弱のイギリス人将兵に率いられていた。1857年には、彼らが宗教上嫌う獣脂が弾薬包に塗られているという噂をきっかけに、待遇などの不満から反乱をおこし、デリーを占領した。反乱は北インド全域に波及し、広く民衆を巻き込む反英民族闘争へと発展した。©Public Domain

シパーヒーの反乱 (インド大反乱, セポイの反乱 A.D.1857〜A.D.1859) インド最初の民族的大反乱。シパーヒー(東インド会社のインド人傭兵)の反乱を機に北インド全域に波及、反英民族闘争へ発展。2年後イギリス軍に鎮圧され、ムガル朝滅亡、インドは英の直接支配下に置かれた。