真臘 シュリーヴィジャヤ王国 諸島部の国々 民族国家の形成 ピュー(驃) シャイレーンドラ朝 ドヴァーラヴァティー王国 チャンパ王国 7〜9世紀の東南アジア地図
7〜9世紀の東南アジア地図 ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

Next Post

シュリーヴィジャヤ王国 (7世紀頃〜14世紀頃) 7世紀ころスマトラ島におこり、最盛時には海上交通の要路マラッカ海峡とスンダ海峡を押さえるとともに、マレー半島南部を領土に加えジャワを支配し、さらにカンボジア・チャンパーへも遠征軍を送った。インドの諸王朝とも関係があり、インド文化の影響を強くうけた。唐(王朝)の僧・義浄の『南海寄帰内法伝』にはこの国で栄えた大乗仏教の様子が記されている。首都:パレンバン。

Previous Post

Next Post